【表札を手作りする方法】簡単DIYで、木製の表札を作ろう

表札は「買うもの」と思っている人が多いかもしれませんが、実は手作りでも簡単に作ることができます。
特に木製の表札ならDIYがしやすく、自分好みの素敵な表札を手に入れることができます。
木製の表札は、木の温もりが感じられ、家の雰囲気まで温かくしてくれます。
ここでは、木製の表札を手作りする方法について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

防音シートで趣味をもっと楽しもう!壁から漏れる音をふせぐ方法

運動したり読書をしたり、家で音を出さない趣味もありますが、歌う事が好きな人や映画などを家で大きな...

プラスチックの塗装に100均のスプレーや水性塗料を使う方法

インテリア小物や家具を塗装して自分だけのオリジナルアイテムを作るのが楽しいDIY。塗装をする...

換気扇から異音!風が強い日の換気扇の使用方法と故障の見分け方

台風や悪天候が原因で風が強く吹いている日は、換気扇から異音が聞こえてくることがあります。あま...

コロコロと掃除機、どっちを使えば良いの?

掃除道具の中で定番のものといえば、コロコロと掃除機がありますよね。どっちを使えば良いのかは、その...

木材塗装の道具は100均で揃えることが可能!塗料の種類や特徴

DIYが好きな方は、木材を自分で好きな色に塗装することもありますよね。しかしホームセンターなどで売っ...

窓の防寒方法・ダンボールやプチプチを使った節約防寒術

窓から入り込んでくる冷気のせいでなんだか家の中が寒いと感じることもありますよ。防寒対策を知りたいとい...

ランドリーラックを手作り!アイテムに合わせた収納ですっきり

 ランドリー周りは収納スペースが少なく、家族が増えたり、子供が大きくなるにつれて物が増えてくると今ま...

賃貸でもOK!狭い玄関の収納に役立つ初心者向けアイデア

一日の中でも長い時間を過ごすリビングやキッチンとは違い、玄関周りの収納に関しては、こんな風にしたいと...

シールの剥がし方!ビニール素材に貼ったシールを剥がす方法

ビニール素材のものに貼られたシールを剥がしたい時、どのようにすればシールが綺麗に剥がれるのか、剥がし...

プラスチックの塗装には下地がポイント!キレイに仕上げるコツ

プラスチックの塗装には下地をしっかり作らなければなりません。普通の紙や木材などに塗装するのとは違って...

雑巾を作りたいけどミシンで縫えない!その原因と対処法

幼稚園や小学校に通う子どもがいると必ず必要になる雑巾。使い古しのタオルがあるからミシンで作ろうと思っ...

雑誌の収納に使える100均アイテムを使った収納アイデア

部屋の中にどんどんと溜まってしまう雑誌の収納にお困りの方は多いと思います。サイズも大きく、斜めに置く...

洗濯機まわりの棚をDIYしておしゃれな空間にする方法

洗濯機まわりに棚があると必要な物をまとめて収納することができます。棚があることで、洗濯にかか...

【雑巾の縫い方】簡単手縫いのやり方とアレンジ方法をご紹介

新学期になると、子どものために雑巾が必要になる家庭も多いでしょう。いつもは100均などで購入している...

シールの剥がし方。ガラス面にこびりついたシールを取る方法

お子様のいる家庭では貼って欲しくない場所にシールを貼られてしまう場合もあります。窓のガラス面に貼って...

スポンサーリンク

家の顔である表札は、手作りするのがおすすめ

表札は、家に来た人が一番最初に目にする家の顔のような存在です。

家の表札が素敵だと、家の中やそこに住む人まで素敵なのではないかと予想できるものです。

このように大事な表札は、専門業者にオーダーすれば、やはりお値段も高いものです。

素材やデザインによっても違いはありますが、大体1万円~3万円以上するものまであります。

そこまで高いお金を払わなくても、素敵な表札を手に入れる方法はあります。

それが、手作りの表札です。自分の手で作ることで愛着がわき、表札を大切にする気持ちも芽生えます。表札の材料は、ホームセンターや100円ショップでも手に入れることができます。

こだわりのある手作り表札なら、家を訪問する人にも良い印象を与えることができるでしょう。

木製の表札の手作りなら、専用キットが一番簡単

表札の手作りと聞くと、すごく難しいのでは…と感じる人もいるかもしれません。特にDIYの未経験者ならば、何からはじめたら良いのかわからないという場合も多いでしょう。そんな人の役に立つのが、表札の手作りキットです。

表札の手作りキットは、ネット通販なら様々な種類が数多く売られています。

その中でもおすすめなのは、木製の表札の手作りキットです。

手作りキットがあれば、DIYに自信がない人でも、見本通りに作れば失敗をする心配はほとんどありません。

オーダーの表札よりも値段が安く、1万円以下で手に入れられるものがほとんどです。

表札の手作りには、100円ショップの木製品が便利

表札を手作りすることのメリットの一つが値段の安さです。

特に木製の表札なら、表札の材料は低価格で手にいれることが可能です。

ホームセンターで木材を買うのも良いですが、もっと手軽に安く手に入れるなら100円ショップがおすすめです。100円ショップには様々な種類の木材が売っているので、自分のイメージに合った表札用の木材を見つけることができるでしょう。

また、100円ショップには、ステンシルやアルファベットの切り字など、表札作りに役立つアイテムもたくさん取り揃えています。

たとえばガラスタイルやコルクシート、小さなオブジェなども表札のデコレーションにピッタリです。

アルファベットのオブジェを使って名前を表現するのも良いでしょう。

100円ショップなら、接着剤などのDIYに必要なアイテムも売っているので、100円ショップに行けば表札の手作りに必要となる材料をすべて手に入れることができるでしょう。

こだわりの木製表札を目指すなら、彫刻に挑戦しよう

特別にこだわった木製表札を作るなら、名前を彫刻するのがおすすめです。

彫刻の表札を作るのに必要な道具は以下の通りです。

  • 表札用木材
  • 表札のデザイン
  • カーボン紙
  • 彫刻刀
  • 紙やすり
  • との粉
  • 木簡墨
  • ニス
  1. パソコンを使って、表札のデザインを作成し、実物大になるように印刷します。墨を使って印字をするので、毛筆風の書体がおすすめです。
  2. 印刷したデザインと表札の木材の間にカーボン紙を挟み、文字の線を丁寧になぞっていきます。文字が無事に転写できたら、彫刻等で彫る作業に入ります。一度彫ってしまうとやり直しはできないので、慎重に彫ることを心がけましょう。
  3. 無事に彫り終わったら紙やすりをかけ、表面をキレイにしてからとの粉を塗ります。
  4. そのまま一晩乾燥させましょう。
  5. しっかりと乾燥したら、文字の部分を木簡墨で丁寧に塗ります。
  6. 木簡墨が乾いたら、全体にニスを塗り、乾いたら完成です。

手間のかかる作業ですが、出来上がりの愛着はかなり大きくなります。

オリジナルで温かみのある表札は、家に遊びに来る人を楽しませ、家族の絆を深めてくれるでしょう。

劣化しやすい木製の表札は、長持ちのための工夫が必要

表札は、外壁部分に取り付けるものなので、太陽の光や雨など、天候の影響を受けやすくなります。

マンションの場合はそこまで気にする必要はないかもしれませんが、一軒家の場合は特に気をつけなければいけません。

特に木製の表札は、天気の影響を受けやすくなります。

太陽の熱で色落ちをしたり、雨水を受け続けると木材が腐る原因にもなってしまいます。

金属の場合でも錆びてしまう可能性があり、手作りの表札は長持ちさせるために仕上げに工夫をしなければいけません。

湿気に弱い木製の表札は、撥水加工をするようにしましょう。

防水効果や撥水効果のある塗料でペイントをしたり、仕上げには必ずニスを塗ることも大切です。

また、腐食を防ぐために、木材を腐食剤などで加工してから表札作りをはじめると良いでしょう。

太陽の光で色落ちしてしまった場合は、また新たに塗ってあげるのも良いですし、アンティーク風にするためにあえて色落ちをそのままにして味を出すのも素敵です。

低コストで愛着の持てるような素敵なオリジナル表札を作り、長く使用できるように大切に使いましょう。