お庭のおしゃれには雑草対策にもなるジョイントタイルがおすすめ

家の外観は家そのものだけではなく庭の印象も併せて考える事で家全体をトータルコーディネートすることができます。
ですが、庭は自分たちが生活する場ではないので、あまり時間やお金をかけずにきれいにしたいものですよね。
ジョイントタイルという便利なアイテムを使うと、業者に頼まなくても自分で簡単に、しかも安価にお庭のイメチェンをする事ができます。

ジョイントタイルでできるお庭作りをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

庭に敷くタイルはDIYで可能!タイルを敷く時のポイントを解説

自宅の庭をタイルでおしゃれな空間にしたい!であれば、DIYに挑戦してみませんか?自分でタイルを敷...

庭のブロック塀をアレンジする方法やアイデアなどについて

庭によく設置されているブロック塀は、最初は綺麗でも、何年も雨風にさらされると最初の時と色が変わって、...

ウッドデッキをDIYする場合にかかる費用と注意点について

ウッドデッキがある家を見ると、自分の家にも作りたいと考える人も多いでしょう。しかし、費用はど...

庭を畑にイチからDIYする方法について紹介してください

庭に芝を敷いたり、ガーデニングを楽しむ人と同じくらい多いのが、ミニ畑を作る人です。畑は、野菜を育...

陶器の器を鉢に変身!自分で器に穴あけを行う方法と注意点

使わなくなった陶器を再利用するため、鉢として使う方法もあります。しかし鉢として使う場合には、穴が開い...

ビオトープの作り方とポイント、庭にミニ池を作って楽しもう

「庭にビオトープ池を作って、メダカを育ててみたい!」そんなあなたにビオトープ池の作り方を詳しくご紹介...

庭を素敵にDIY、おしゃれな庭にするコツやアイデア

庭を思い切ってDIYするなら、やっぱりおしゃれなものにしたいですよね。しかし、一つ一つの置物や植...

スポンサーリンク

お庭で大活躍のジョイントタイルの種類

家を買ったら、家の中に使う物はあれこれとこだわって考える事はたくさんあっても、外構の設備などは余裕ができてから…と後回しにする人もいるのではないでしょうか。それでも草だらけの庭は見た目にもカッコいいとは言えませんので、どうにかしたい所ですが、業者に外構工事を頼むと工事代がかさんでしまうのでなかなか実行に至れないご家庭もあるでしょう。

便利なのがジョイントタイルです。

置くだけで簡単にお庭をキレイにすることができるこのアイテムはインターネットでも買う事ができるのですが、ホームセンターで用意した方が送料がかからないのでより安価にそろえる事ができます。

また、タイルと言っても、木目調のものから石や磁器などで作られているタイルタイプ、レンガ調のものもあり、自分のおうちに合わせて好きな物を選ぶことができます。

滑りやすい所にはラバーでできたものを使う事で滑り止めとして使えるものまで様々な物がありますので自分が作りたいお庭に合わせて好きな種類を選ぶと良いでしょう。

庭にジョイントタイルを設置するメリット・デメリット

どんなものにもメリットとデメリットは存在します。
自分のお家や事情に合わせて施工方法を決めてください。

ジョイントタイルを庭に置く事で得られるメリット

一番は、自分で施工しようと思った時にとても簡単にタイルを設置できるという所です。
タイルの端についている凹凸部分をパズルのようにつなぎ合わせる事でずれる事無く、特に技術がなくてもまっすぐなラインを作る事ができます。
タイルを取り替えたいと思ったら簡単に取り外して交換する事ができるので常にキレイな状態を保てるのも良い所です。

ジョイントタイルを置く時に大変と感じるデメリット

ジョイントタイルの値段は素材にもよりますがピンキリですので、選ぶタイルが高価になると業者に依頼するのと同じくらいの金額がかかる事があります。
キレイに並べる事はできるのですが、どうしてもすき間があいてしまいそこから雑草が顔を出す事がありますので、ジョイントタイルだけでは完璧な雑草対策にはなりません。

また、簡単に設置できると言っても、庭の土の上に置くとなると整地が必要になります。素人が庭をDIYでキレイにする時に一番大変なのがこの整地という作業ですが、整地をしなければせっかく設置したジョイントタイルがでこぼこになってしまいキレイに見えないという結果を生みます。

ジョイントタイルでお庭の厄介者を撃退する方法

庭の一番の厄介者と言えば雑草です。
特に種をまかなくても、水や肥料をあげなくてもぐんぐん育つのが雑草の憎たらしい所です。
前項でも触れましたが、雑草対策としてジョイントタイルを使うのでしたらジョイントタイルを単体では不十分で、防草シートとの組み合わせが必須となります。

雑草対策は雑草が生えるすき間を無くすのがカギ

ジョイントタイルは裏に空洞があるので水はけが良いのですが、空洞があるという事は草が入り込む余地があるという事ですので、土の上にジョイントタイルを置くだけでは隙間から草が出て来てしまいます。
これを防ぐためにはしっかりと整地をして、土の上に頑丈な防草シートを敷く事が重要になります。
防草シートも種類がたくさんあるのですが、値段を気にするあまり、薄い物を選ぶと雑草がシートを突き破って出てくることがありますので、ここは辛抱せずに厚さのある防草シートを選び、雑草が出て来づらい環境を作る事につとめましょう。

防草シートをしっかり敷いたらその上にジョイントタイルを並べて完成です。

草を生やしたくない所には草が生えるスペースを作らない事が鉄則です。

ジョイントタイルだけではない、お庭のアレンジ方法

ジョイントタイルは、大抵の物が正方形のマットになっていて、同じもの同士を繋げる事で設置が簡単になっているのですが、お庭をアレンジする時には、ジョイントタイルだけが全てではありません。

一つ一つを自分で並べるのも楽しみの一つ

ホームセンターではジョイントタイルのそばにレンガやタイルも並んでいますが、ジョイント機能がついていないものでもお庭を華やかにすることができます。

しかし、ジョイントタイルとの最大の違いは隣り合う物同士を繋げる事ができないので、美しく並べるためにはジョイントタイルの設置以上に水平を取る作業が大切になります。
細かい砂を使って、水平に近づけるように整地する事で見た目も美しく、でこぼこにならないので一か所に水がたまってしまうような事を防いでいきます。
レンガはタイルと比べると形は長方形で一つ一つが小さいので並べ方も様々な方法がある所が楽しい所です。

ただ土の上に並べていくのではなく、ハンマーを使って少し叩いて砂に固定していくようにするとずれず、平らにしやすくなります。
全てのレンガやタイルを並べたら、どんなにキレイにぴったりと並んでいるように見えても気付かないすき間があるはずです。

目地を入れてすき間を無くすことで防草の効果が出るのと同時にタイルが動いてしまうのを防ぐ事ができます。

ジョイントタイルは種類も様々ですが、組み合わせには限界があります。
オリジナルを目指すのなら、好きなタイルやレンガを自分で組み合わせる事でオリジナリティを断然増やす事ができます。

庭のアレンジは無理をせず、専門業者に任せた方が良い場合もある

お庭の広さや、アレンジしたい場所の広さにもよりますが、素人が全て自分でやりきろうとするととてつもない時間がかかったり、とんでもない手間がかかる事もあります。
アレンジしたい面積が広がれば広がる程する事は増えますから、予算があって十分な時間が取れない時や体力に自信の無い場合には専門業者の手を借りる事も検討した方が良いでしょう。
ただタイルを敷き詰めるだけだと簡単に考えて作業を始めると、計算に入れていなかった作業が発生した時に手に負えなくなる可能性がある事を頭に入れておきましょう。
意外とタイルをあちこちに運ばなくてはならなかったり、天候に左右されて思うとおりに作業が進まないという事もあります。
日常生活に支障をきたさないようにするには無理は禁物です。
自分ができる事と出来ない事をしっかり判断して実行に移しましょう。

良い業者を探すには

ひと口に外構工事と言っても自分がしたい形や庭の形状によって値段は変わります。
一番良いのは、何社かの工事担当者に直接会って、どのようなお庭にしていきたいのかを伝え、見積もりを取る事です。
ここで注意したい事は、どんなに面倒だと思っても必ず数社からの見積もりを取る事をおすすめします。
実際に現地を見てもらう事で詳細な値段が分かると共に、会う事でその会社がどのような会社なのかという事もわかります。

どのようなお庭にしていきたいのか、予算はいくらなのかなど、細かいなあと思うくらいの計画を立てて実行に移す事で無理なくお庭を美しくするためには大切な事です。