狭い玄関のスペースを有効活用!物がピタッと収まるアイデア収納

玄関が狭いと靴などを収納する場所がなく困ってしまいます。しかし当たり前ですが狭い玄関を広くすることは不可能、今あるスペースを有効に活用するしかありません。

そこで今ある玄関のデッドスペースを活用する方法、壁を使った収納、狭い場所を収納に活かす方法など、狭い玄関の限りある空間を上手に活用する収納方法をご紹介いたします。

狭い玄関で置き場所に困るベビーカーの収納場所は、玄関にとどまらず柔軟な考えで、邪魔になりにくい場所への収納を考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソファの中身は自分で交換可能!へたったウレタンの交換方法

ソファの中身のスポンジがへたってきてしまうと座り心地が急激に悪くなります。長く使用していたソファなら...

カラス対策!ゴミを荒らされないネットを100均で作る方法

ゴミを各家庭ごとに出す自治体が増えていますよね。そこで問題なのがカラスにゴミを荒らされることです。...

部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

巾木はDIYで交換が可能!ソフト巾木と木製巾木の交換方法

お家の巾木が傷んで来たら、住宅業者に修理や交換を依頼する方もいらっしゃいますが、巾木は意外と簡単にD...

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかる?取り付けについて

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかるものなのでしょうか?初めてエアコンを取り付けるときには、半日...

リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしては...

玄関にベンチ収納があると便利!ベンチ収納のDIYについて

子供の習い事の道具入れ、靴置き、荷物置き、腰掛けなどに便利なベンチ収納。玄関は収納が少なく、物が...

本の収納方法!大量の本をスッキリ綺麗に収納するアイデアを紹介

本が好きで、家の中に大量の本があるという人もいるのではないでしょうか。大量の本をどのように収納すれば...

壁が傷みにくい飾り付けの貼り方!落ちやすい風船の固定方法

お子様の誕生日やクリスマスなど、壁にいろいろと飾り付けをすることもあると思います。しかし、賃貸の場合...

黄色と水色をインテリアに!運気を上げる黄色と水色の取り入れ方

黄色と水色が好きで、運気を上げるためにインテリアに取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょう...

【花束の作り方】スパイラルで作って部屋に飾りましょう

お部屋に花を飾っているだけで華やかな印象になりますが、自分の好きな花を使って花束を作ってみませんか。...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

壁収納ベッドはおすすめ!スペースができて見た目もスッキリ

壁にすっぽり収納できるベッドがあるのご存知でしょうか。普段は壁と一体化し、必要な時にサッと引き出...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

スポンサーリンク

狭い玄関は100均グッズも上手に活用して収納量を増やす

玄関に収納する場所が少ない場合、今ある収納スペースを有効に活用し、収納量を増やす工夫を実行してみてはいかがでしょうか。

場所を取る靴の収納方法

長靴やブーツなどは場所を多く必要とします。家族が多いと長靴の置き場として多くのスペースを取られ、他の靴の収納場所が少なくなってしまうことも。そこで限られたスペースを有効に利用する方法として、ファイルボックスを利用してみましょう。

ファイルボックスに上下交互に合わせた長靴を収納。すると長靴片方分のスペースでOK。一足のスペースに二足長靴を収納することが可能になります。

かかとがある靴の収納

かかとがある靴は突っ張り棒を使うと収納量を増やすことができます。

方法はとっても簡単、まずは靴箱に突っ張り棒を横方向に取り付けます。取り付けた突っ張り棒に、かかとを引っ掛け収納、そして空いたスペースを使って、互い違いになるように片方の靴を収納します。

この方法でも靴一足分のスペースで、2足分収納することが可能です。

玄関についている収納は扉の裏も有効活用

玄関で常備置いてあるものは、靴だけではありません。玄関掃除に使用するほうきやちりとり、またスリッパも玄関で目につく物の一つです。

出しっぱなしにすると雑多な感じがし、すっきりとした印象から遠ざかってしまいます。
そこで掃除用具やスリッパは、目につかずデッドスペースになっている扉の裏などを使って、上手に収納することを考えてみましょう。

下駄箱の大きな開き扉はフックを取り付けるだけで、掃除道具の置き場所に変身。

また小さな開き扉でも、タオルハンガーを取りければ、スリッパをハンガーに差し込み、場所を取らずに収納することが可能です。

家族のスリッパはその都度、扉を開けて取り出し。お客様が来るときは予め玄関に用意しておくと良いでしょう。

狭い玄関は、どんな場所もスペースがあれば無駄にはできません。扉の裏にウォールポケットをぶら下げて、靴磨きグッズを入れておくなどのアイデアもおすすめです。

置き場に困る傘はドアに収納で問題解決

掃除道具やスリッパと同様、置き場所に困る傘はドア裏に収納。

もはやドア裏は傘の定番の収納場所と言っても良いでしょう。

前章で紹介をしたように、靴箱の扉の裏にフックやタオルハンガーを取り付け、傘を引っ掛けて収納するのも良いですが、扉のある場所に収納するのは、傘が乾いてからでなくてはいけません。濡れている傘を収納する場所としては不向きです。

ドア裏なら、濡れている傘をかけて下が汚れても玄関なので大丈夫!またドア裏なので邪魔になることもありません。

一人暮らしの方なら磁石のついたフックが一つあれば、ドア裏に取り付けすぐに今すぐに傘を収納することができます。

その他にも傘の定番収納場所として認識されてきているので、ドア裏用の傘収納グッズも販売されています。傘を何本かドア裏に収納をしたい方、また濡れたときだけでなく、普段も収納場所としてドア裏を使いたい方は、そのようなグッズを使用すると見たも良いですよ。

狭い玄関はデッドスペースを上手に活用して収納スペースを確保

狭い玄関は、どのような空間も見逃さず活用するようにご紹介をしましたが、上部の空間も例外ではありません。

見落としがちな玄関の上部、天井付近のスペースに注目をしてみましょう。

上部のスペースを利用するメリット

  • 普段の生活の邪魔にならない収納が実現
    収納家具(下駄箱)を置いて、収納スペースを確保することは簡単ですが、その分玄関のスペースが狭くし、普段の生活の邪魔になってしまうことが考えられます。
    天井部分はデッドスペースです。もともと使用をしていない、無駄になっていたスペースなだけに、物をおいても邪魔になることがありません。
  • 目につきにくい場所
    足元や目線の高さにあるものは常に視界に入ります。しかし上部は見上げて「見る」という行為をしなければ、視界に入りにくい場所です。玄関にお客様が来たときも、上を見上げる方はほぼゼロと言っても良いでしょう。物が目に入らないと、すっきりとし整然と片付いた印象を受けます。同じ容量のものが同じ場所に合っても、上か下、どちらに収納するかで見た目は大きく違ってくるのです。

上部スペースを使った収納のデメリット

目につきにくい場所、邪魔にならない収納場所ですが、収納のしにくい場所、物が取り出しにくい場所であることは確かです。使用頻度の高い靴の置き場としては向いていません。

上部を使った収納はメリットだけでなく、デメリットも存在します。普段履かない使用頻度の低い靴、靴の衣替えをし、今履かない靴などの収納場所として利用し、頻度の高い靴は違う場所にコンパクトに収納するのが良いでしょう。

上部を収納に利用する他にも、ちょっとした隙間やくぼみを収納スペースとして使う方法もあります。くぼみには突っ張り棒を渡すだけでも立派な収納に変身!物に合わせて収納をつくるのではなく、収納スペースに合わせて見ることもときには必要です。

玄関が狭いなら廊下を使って靴をディスプレイ収納

玄関が狭く収納場所に困る場合は、発想を転換し玄関ではない場所に靴を収納することを考えてみてください。

玄関から居間へと続く廊下などは、特に何も置いていない方が多いはず。そのような場所を無駄にせず収納として活用してください。

靴箱というと、大きく場所を取るイメージがありますが、DIYなら邪魔にならない、お家に合った形の靴箱を完成させることができます。

例えば靴一足分がギリギリ収まる棚の幅で靴箱をつくる。それでもスペースを取ると言う場合は、斜めに傾斜をつけて棚を取り付け、靴を収納してみてはいかがでしょうか。

また壁に格子パネルや有孔ボードを取り付け、ショップのように靴をかけてディスプレイ収納する方法もあります。

玄関が狭く廊下を収納に活用するポイントは、幅を取らないコンパクト収納です。

扉をつけるだけでも、その分廊下が狭くなってしまう為、扉をつけない省スペースの収納がおすすめ。扉がないことはスペースを取らないだけでなく、靴が取り出しやすくなったり、探しやすくなるメリットもあります。収納には扉が必要だという、固定観念を捨てて使いやすい靴収納を始めてみましょう。

玄関が狭くベビーカーの置き場所に困った場合の対処方法

小さなお子さんがいらっしゃるとベビーカーは必需品。ですが狭い玄関にベビーカーをおくと、ベビーカーだけに玄関が占領されてしまいます。

ベビーカーの置き場所は玄関という固定観念を捨てて、お家に合ったベビーカーの置き場を考えてみましょう。

例えば玄関から近く、スペースが確保できるお部屋に置く。車輪部分をカバーできるトレーなどを用意すれば汚れが気になることもありません。

どうしても外のものを中に入れて収納することに抵抗がある方は、少し手間がかかりますが、ベランダでの収納を考えてみてはいかがでしょうか。

その他には車がある方なら、車のトランクをベビーカーの収納場所にする方法もあります。

玄関にベビーカーがあるのが一番使いやすく、適した場所と言えますが、そのために玄関が狭くなり小さなストレスを受けることも少なくありません。普段生活をしやすい玄関をつくるために、お家や自分に合った場所を収納場所に選んで見てください。