玄関にベンチ収納があると便利!ベンチ収納のDIYについて

子供の習い事の道具入れ、靴置き、荷物置き、腰掛けなどに便利なベンチ収納。
玄関は収納が少なく、物が収納仕切れなく困っている主婦は多いのではないでしょうか。

そこで玄関に収納ベンチがあればあなたの悩みも解消されます。
収納ベンチはインテリアや腰掛けに活用しプラスαインテリアとしても楽しむことができます。

収納ベンチは簡単にDIYすることができます。
家の雰囲気やどのような目的として使いたいかを考慮しつつ、収納ベンチをDIYしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

巾木はDIYで交換が可能!ソフト巾木と木製巾木の交換方法

お家の巾木が傷んで来たら、住宅業者に修理や交換を依頼する方もいらっしゃいますが、巾木は意外と簡単にD...

帽子の収納に困ったら!ハンガーを使った簡単おしゃれな収納方法

置いているだけでインテリアにもなる帽子たち。しかし数がたくさんあると、困ってしまうのが収納方...

リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしては...

フローリングの張り替え方法!畳の部屋をDIYで洋室に

畳は使っているうちに、どうしても傷んできて、張り替えを検討している方も多いと思います。古くなった...

カラス対策!ゴミを荒らされないネットを100均で作る方法

ゴミを各家庭ごとに出す自治体が増えていますよね。そこで問題なのがカラスにゴミを荒らされることです。...

部屋が寒い時に出来る対策について知りたい

日々生活をしていると、部屋で困ることといえば、寒いなどの温度の問題ではないでしょうか。気温が寒い...

白の壁紙でおしゃれな空間に!失敗しない壁紙の選び方

家を新築する時に、壁紙を選ぶのは楽しくもあり、悩むことのひとつではないでしょうか。家全体を明るくする...

靴箱の収納はアイデア次第で家族全員分が収まる

靴箱の収納方法を間違ってしまうと、使っているうちに靴が入り切らずに玄関スペースが狭くなってしまいます...

テレビをコーナーに配置するメリット、デメリットについて

テレビをどこに配置するか、模様替えや引っ越しの際には迷ってしまうところですよね。迷ってしまう大きなポ...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

マンション暮らしでもできる収納力をアップさせる工夫とアイデア

マンションといった収納が限られているスペースでも、ちょっとした工夫で更に収納力をアップさせることはで...

ソファの中身は自分で交換可能!へたったウレタンの交換方法

ソファの中身のスポンジがへたってきてしまうと座り心地が急激に悪くなります。長く使用していたソファなら...

階段の手すりの取り付け方!自分で取り付ける方法

階段に手すりのない住宅も多いと思いますが、これから高齢になることを考えると、やはり手すりのある階段が...

ドアノブの交換方法で自分でできるレバーハンドル取り付け方

ドアノブの交換方法でレバーハンドルへの変更は自分でも手順とポイントを抑えればできます。握り玉タイプの...

机を自分でDIY!カラーボックスを使ってリビングに机を作ろう

お子さんがリビングで勉強をしているというご家庭もあるのではないでしょうか。勉強に励む姿を見るのはとて...

スポンサーリンク

どんな収納ベンチはDIYしたいか考えよう

収納ベンチをdiyするにあたって、どんな収納ベンチにしたいか考えましょう。

一人暮らしや夫婦2人暮らし、見える収納でも綺麗さを保てるなら収納部分がむき出しの収納ベンチでも不便はないでしょう。しかし小さな子供はなかなか綺麗には収納できません。
子供がぐちゃっと置き、親が見かねて綺麗に収納し直すということが想像できます。
その二度手間は育児で忙しいお母さんにとって負担です。

子供がいる家庭では収納部分が見えないベンチにすることをオススメします。

ベンチの土台としてカラーボックスを使用するのも良し、木材を組み合わせて好みの大きさや長さ、深さにして土台を作るのも良し。
フタとなる部分はペンキを塗るのも良し、布を貼り付けるのも良し、木材の素材活かすのも良し。

三者三様に作業ができることこそdiyの魅力です。

玄関収納に便利なこんなDIYもある

壁一面に棚を作る

玄関の壁一面に棚を作るdiyもあります。
靴を並べたり、帽子を並べたり、観葉植物や小物を置いたり。
子供も大人も一目で自分の物だとわかるので物を取る際にぐちゃぐちゃになりません。
細々したものはボックスを棚に置けば中が見えることがないので、これなら玄関をスッキリさせることができます。
子供のものは子供の身長に合わせて物を収納してあげてください。

備え付けの収納がある場合は思い切って取り外しても良いですし、空いているスペースを活用しても良いでしょう。

玄関の構造に合わせて考えてみてください。

我が家にも小学生のサッカーを習っている小学生男子がいます。
ほぼ毎日練習がありますしシューズやボールが複数個あり、整頓しても気づけばぐちゃぐちゃ、ボールはあっちに転がりシューズはあっちこっちにあり履きたい時にすぐ見つけられないと練習前の一悶着がプチストレスでしたが、子供が一目で見てわかる収納や簡単に出し入れできる収納をdiyしたところ、そのプチストレスが解消されました。もし野球を習っているならボールが小さくバットが長くなりますし、アイスホッケーならちょっとした収納では足りません。子供の習い事や年齢に合わせた収納がとても実用的で便利だと思います。

玄関にDIYした収納ベンチを置くメリット

玄関は人が出入りする場所だからこそ綺麗に、来客者がよく見る場所だからこそおしゃれにしておきたいですよね。

玄関ベンチのメリット

  • 収納
    子供が大きくなるにつれ習い事の道具、遊び道具、靴などが増えて備え付けの収納だけでは足りなくなります。
    しまいきれなくなると玄関に出しっぱなし、なんてこともよくあるでしょう。
    そんな時、収納できるものがあると便利です。
    散らかった玄関を収納ベンチでスッキリさせてみましょう。
  • 腰掛け、荷物置き
    収納ベンチは腰掛けや荷物置きとしても利用できます。
    小さな子どもを座らせて靴を履かせたり、荷物をおいて靴を脱ぎ履きしたりなど。
    今は使う回数が少なくても老後を見据えてベンチを備え付けるのもありでしょう。
  • インテリア
    自分好みの収納ベンチが作れることこそdiyの魅力です。
    家の雰囲気や目的に合わせて作ると便利なだけではなくおしゃれまでも楽しめます。

玄関に収納ベンチをDIYする時の注意点

  • 収納ベンチを置く位置の寸法をはかる
    大きすぎて邪魔、はまらない、小さすぎて不便、こんなことにならないように配置したい場所に寸法に合わせてdiyしましょう。
    玄関があまり広くないなら、玄関ベンチをおいて更に狭くしてしまうのではなく、スッキリさせるようなものをdiyしましょう。
  • 玄関の雰囲気と合わせる
    インテリアとして楽しみたい場合は特にですが、浮いてしまう色や柄、デザインにならないよう玄関の雰囲気にテイストを合わせることはとても大切です。
  • 家族構成や目的に合わせた仕様にする
    主にどんな物を収納したいのかを考えましょう。
    野球バット、サッカーボール、から砂遊び道具、縄跳びなど収納するものによって大きさや長さは様々です。
    目的や人数に合わせると長く活用することができるでしょう。
  • 子供でも出し入れしやすい仕様に
    子供でも出し入れしやすい仕様にすると親が手を加えることがないので便利です。
    子供が自発的に動くことにも繋がります。

自分で作りあげることが魅力のDIY

diyはハードルが高いと思っている人が多いです。
それは最初から大掛かりなものを作ろうとしている人かもしれません。

まずは簡単なものから挑戦していきましょう。
一から自分で作る達成感を味わえることや自分好みの物を作れるということは、diyのなによりもの魅力です。

diyの楽しさを知り長く楽しむために、簡単なものから始めて知識や技術を身に着けていきましょう。

そんな作業に玄関に置く簡単なベンチ収納作りはピッタリです。
わからないことはネットや旦那、ホームセンターの店員さんの助けを借りながら、作業を進めましょう。
今持っているスキル以上のことをしようとするとdiyの魅力を知らずに終わってしまいます。

スキルが磨かれていくと業者に頼まなくても自分で家のアレンジやリフォームすることも可能なんですよ。

diyの知識と技術を身に着け自分で家の悩みを解消してみましょう。