メッセージカードの作り方!簡単・可愛いカードで気持ちを伝えて

お友達にメッセージカードを贈りたいと考えている人の中には、自分で手作りしたカードを贈ろうと思っている人もいるのではないでしょうか。

ですが、なかなか作り方のアイデアが浮かばないと困ってしまうものです。

ここでは、可愛いメッセージカードを簡単に手作りするアイデアや作り方についてお伝えします。

お友達の喜ぶ顔を想像しながら、素敵なメッセージカードを作ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布を使ったケースの簡単な作り方をご紹介!さっそく始めましょう

ハンドメイドを始めてみたいと思っても、簡単に作れるものは何なのか、初心者はどんなものに挑戦すればいい...

ハンドメイドに使うパーツを綺麗に収納したい

ハンドメイドで作るバッグやアクセサリーは、その物が出す温かみやデザインが魅力で人気のある趣味ですよね...

【カバンの作り方】子供用カバンの簡単な作り方をご紹介します

子供が幼稚園に入園する時に必要になる通園用のカバン。手作りしようと思っても、手芸が苦手なママにとって...

アルバムを手作りして誕生日にプレゼントしたい

素敵なアルバムを友達などにプレゼントしたいと思ったら、やっぱり手作りが一番ですよね。特に誕生日の...

筆箱がプラスチックの場合、こんなアレンジが出来ます

文房具を入れるのにおなじみの筆箱ですが、それがプラスチックだった場合は、アレンジの方法は数多くありま...

紙粘土の色付けとニスの塗り方のポイントや注意点で上手に作ろう

紙粘土の色付けやニスの塗り方にはコツがあります。子供と一緒に紙粘土を楽しみたいというお母さんもいるで...

ヘアゴムをDIY!リボンを使った手作りヘアゴムの作り方

女の子が大好きなリボンのついたヘアゴム。子供が好きな柄の布を作って手作りリボンヘアゴムを作ってみませ...

押し花でしおりを作ろう!100均ラミネートで押し花を作る方法

押し花でしおりを作るとき、ラミネートを使えば綺麗なしおりを作ることができます。ですが、ラミネーターが...

スポンサーリンク

画用紙で作る飛び出すメッセージカードの作り方

市販のメッセージカードは用途が決まりきっていたり、凝ったデザインだと結構高かったりしますが、自分で作れば可愛くて気持ちが伝わりやすいでしょう。お金を掛けずに作ることも出来るのは嬉しいですよね。

インパクトもあるメッセージカードを作るなら、飛び出す仕掛けがお勧めです。

シンプルデザインのメッセージカード

用意するものは色画用紙数枚、ハサミ、ペン等

色画用紙は台紙2枚分と飛び出す仕掛け部分の飾りに使います。台紙の色は同じ色を使っても良いですが、色を変えるとカラフルで可愛いでしょう。

1. 飛び出す部分に付ける平面パーツを作る

例えばケーキや動物のイラストを画用紙に描いて切り抜いたり、色紙などで平面のパーツを作っておきます。平面パーツ土台からはみ出さないサイズにします。

2. メッセージカードを広げたサイズに色画用紙を切る(台紙)

サイズは自由ですが、正方形ではなく長方形にするのが基本です。

3. 切った色画用紙を半分に折り、折った背の真ん中辺りに切り込みを2箇所入れる

飛び出す仕掛けになる部分です。台紙のサイズによりますが、切り込みの長さは1~2cm程度です。2箇所の切り込みの長さは同じ長さにします。飛び出す仕掛けの位置によって切り込み位置を変えたり、切り込み箇所を増やします。

4. 切り込みを入れた部分を根元で折って癖をつけ、折り込みを戻して台紙を開く

5. 切り込み部分を内側に押し込んで台紙を閉じる

切り込みを入れた部分が内側に入り、台紙を二つ折りに閉じた時に「凹」という形になります。

6. 台紙を開いて切り込みの出っ張り部分に1で作った平面パーツを糊や両面テープでつける

くっつける前にカードを閉じた状態でパーツがはみ出して見えないか確認しましょう。はみ出す場合は、サプライズ感が半減するので小さめに作り直した方が良いと思います。

7. 台紙の外側に台紙より少し大きいサイズに切った色画用紙を両面テープや糊で貼ってカバーをする

カバー部分が無いと仕掛けがバレるので、必ずカバーを貼り付けます。

平面パーツのサイズですが、台紙が横15×縦20cm(二つ折りにすると横15×縦10cmの横長縦開きタイプ)で切り込みが2cmだとしたら、「10-2=8」となり、8cm以内にするのがパーツがはみ出さないギリギリのサイズになります。

メッセージカードの作り方・手芸用品で画用紙をアレンジ

飛び出す仕掛けの中では基本的な簡単に出来る作り方をご紹介しましたが、複雑そうな事をする自信がないという人は、もっとシンプルに簡単で可愛い手作りメッセージカードを作りましょう。

用意する物は画用紙と装飾に使うアイテムです。

メッセージカードのアレンジに便利なアイテム

ギザギザハサミや切り抜き

100均等にも売っている紙をギザギザや波模様に切れるハサミを使って、カードの縁を加工します。更に内側を切り抜いたりパンチングで抜くと、ただの四角いメッセージカードより手が込んでいる感じがして可愛いです。

シールやペン

メッセージカードを贈る友達の好きなキャラや好きな動物のシールやペンを使ってデコります。ペンはカラフルにしたり、クレヨンや色鉛筆を使っても良いでしょう。

消しゴムハンコ

消しゴムを彫ってオリジナルスタンプを作ってメッセージカードにポンと押しましょう。シンプルに丸や星、ハートなどを色を変えながら沢山押しても可愛いです。

フェルト

100均にも売っているシールタイプのフェルトを使ってデコります。ただハートに切って貼るだけでも可愛いし、ただのシールよりオリジナリティを感じます。

紙刺繍

紙にハートや文字などのガイドラインを引いて、線上に等間隔で穴を開けて、その穴に糸を通していきます。普通に縫うと隙間が空くので、隙間を埋めるようにバックステッチで縫っていきます。

私は幼稚園の時に先生に教えてもらって当時は女子の間で流行ったのですが、今考えると結構高度な事をしていたのかも?と思います。でも、幼稚園児にも出来た事なので、結構簡単で可愛いです。

マスキングテープやシールで簡単にメッセージカードを作ろう

オリジナルのメッセージカードを作るのに、マスキングテープを使うのもお勧めです。

普通のシールだと子供っぽくなったり寂しく感じる場合は、マスキングテープを使ってみましょう。

台紙の素材にもよりますが、マスキングテープは貼り直しが出来るので、気軽に作りやすく簡単でも様になりやすいです。

マスキングテープ自体色々な模様やキャラ物もあるので、贈る相手の好きな柄があるならそれを使ってただ縁取りをするだけでも可愛いです。

キレイに四角く縁取りしてもいいですし、適当に切ったマスキングテープ並べて縁取りしても良いです。

縁取りに使うだけでなく、段落分けにつかったり、マスキングテープで切り絵のように模様をつけたり絵を描くことも出来ます。

メッセージカードの簡単な作り方アイデア・写真や折り紙でデコレーションを

自宅にプリンターがある場合は、薄めの画用紙に写真を印刷するのはいかがですか?友達との思い出の写真をプリントしたメッセージカードなら感動してくれるかもしれません。

プリンターが無い場合は、家電量販店やコンビニなどで写真をプリントアウトして台紙に張り付けるだけでも良いでしょう。

沢山写真を用意して切り抜き、張り合わせてメッセージと合わせると思い出もよみがえりやすく、宝物として大切にしてくれるはずです。

折り紙を折ってメッセージカードをデコレーションするのも可愛い

ハートやケーキの折り紙を張り付けるだけでも良いですし、張り付けた状態でも開いてみることが出来る折り紙なら、実は折り紙の中にもメッセージを隠してあるというサプライズも出来ます。

メッセージカードを簡単に作りたいときはテンプレートもおすすめ

既製品以外のメッセージカードを作りたいけど、手作りやセンスに自信がない人は既にある物を使うのも良いでしょう。

インターネット上にあるメッセージカードのテンプレートを使う

プロのクオリティで既製品以外のメッセージカードを贈ることが出来ます。

テンプレートを使って印刷した後に、シールを貼ったりして少し手を加えるとオリジナリティを出しやすくなります。最初から加工する前提でシンプルなデザインを選んでも良いでしょう。

テンプレートも既製品も嫌だけど、センスもアイデアもないという場合は、テンプレートを参考にしたり、SNSでメッセージカードを検索して、他の人のデザインやアイデアを参考にしてみるのもお勧めです。

色々なアイデアの中で自分の力量でも出来そうな物を盛り込んで作ってみましょう。