リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしてはいかがでしょうか。
どんな部屋にもマッチし、年中飾れるのがグリーンリースの魅力です。

初心者なら100均のフェイクグリーンがおすすめ。
クウォリティーも高いですし、なんといっても100均で揃えることができるのが一番のメリット。安くて可愛いグリーンリースが作れます。

初心者におすすめのグリーンリースの作り方から、リース作りに慣れた頃に挑戦したいシックなグリーンリースの作り方もご紹介します。
季節を感じられるリースに挑戦するのも大変おすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

黄色と水色をインテリアに!運気を上げる黄色と水色の取り入れ方

黄色と水色が好きで、運気を上げるためにインテリアに取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょう...

机を自分でDIY!カラーボックスを使ってリビングに机を作ろう

お子さんがリビングで勉強をしているというご家庭もあるのではないでしょうか。勉強に励む姿を見るのはとて...

フローリングの張り替え方法!畳の部屋をDIYで洋室に

畳は使っているうちに、どうしても傷んできて、張り替えを検討している方も多いと思います。古くなった...

コンセント交換を自分で行うには資格が必要!電気工事は慎重に

コンセントの交換を業者に頼むのではなく、自分で交換して少しでも費用を浮かせたい。その気持もわかります...

洗面所に適した壁紙の選び方と簡単DIYのアイデア

洗面所の壁紙をDIYしたいという時には、どのような雰囲気にしたいのかまずイメージしてみましょう。...

部屋が寒い!エアコンの暖房で部屋が温まらない原因と対処法

エアコンの暖房をつけているのになかなか部屋が温まらずに寒い。こんなお悩みを抱えている人もいるのではな...

出窓が収納棚に変身?出窓のDIYアイデアを部屋別でご紹介

デットスペースになりがちな出窓は、DIYで収納スペースに変えてはいかがでしょうか。奥行きがあ...

ウォールフラワーを取り入れたインテリア!手作りがおすすめです

ウォールフラワーを取り入れたインテリアが今大人気ですが、ウォールフラワーは手作りできるって知っていま...

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因!賃貸でもできる対処法

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化が原因になる場合もあります。特に賃貸マンションやアパートでウォ...

白の壁紙でおしゃれな空間に!失敗しない壁紙の選び方

家を新築する時に、壁紙を選ぶのは楽しくもあり、悩むことのひとつではないでしょうか。家全体を明るくする...

カラス対策!ゴミを荒らされないネットを100均で作る方法

ゴミを各家庭ごとに出す自治体が増えていますよね。そこで問題なのがカラスにゴミを荒らされることです。...

壁収納ベッドはおすすめ!スペースができて見た目もスッキリ

壁にすっぽり収納できるベッドがあるのご存知でしょうか。普段は壁と一体化し、必要な時にサッと引き出...

スポンサーリンク

手作りリース初心者におすすめ、100均のフェイクグリーンを使ったリースの作り方

自宅のインテリアを自作する場合は、色合いも好きなグリーンの種類も使えて、自分好みにできる事が最大のメリットです。土台やグリーンの色を考えつつ、100均ですべて材料が揃うのも魅力です。
また、土台と、グリーン、ワイヤーなどがあればあっという間に作れてしまいます。初心者の方でも30分もあれば素敵なリースを作ることができます。

一番リースに使いやすい物がツルのフェイクグリーン

ツルになっているのでリースの丸みに沿って配置できるので自然な感じを出すことができます。

土台の大きさにもよりますが、ツルのフェイクグリーンなら2本くらいあればボリュームを持たせたリースを作ることができます。
ツル2本だけでも素敵ですが、これにもう一色別の色足すと更に素敵になりますので、初めて作るのなら2色(ツルと別の種類のグリーン)を用意することをお勧めします。

土台に仮に配置してみて良いようならワイヤーをハサミでカットして所々留めていきます。最初にツルのフェイクグリーンから配置するとバランスが取りやすくなります。ツルを配置したら、バランスを見ながら別の色のグリーンも配置して出来上がりです。
遠くから見ながら色合いやバランスを調整すると良いですのでやってみてください。

色々なフェイクグリーンを組み合わせた手作りリースもおすすめ

造花を使ったリースもボリュームが出るのでお勧めです。造花は細かく切りすぎるとワイヤーで留めるときに大変ですし、ボリュームも無くなってしまいますので少し大きめに切り分けるようにしてください。

グリーンを基調としてリースを作るのでカラフルな造花は避けます

グリーンに白や黄色、黄緑くらいの花の色でまとめます。
ツルや、茎の付いたフェイクグリーンの花束、白などの花(どれも小さめの花で統一するとグリーンが映えるリースになります)。

各種類色々なグリーンがあってもグリーンで統一感が出るので好きなグリーンを購入しましょう。

茎が太い造花もありますので、ハサミよりペンチの方が切りやすいです。あれば用意してください。
高さがバラバラだと統一感が無くなってしますので、切り離してパーツにする時は長さを揃えて切りましょう。(大体、10㎝前後の長さに揃えるとボリュームのあるリースにできます)。
後は、少しずつ切り離したパーツを3,4本の花束状にしてワイヤーで括りつけながら一周付けていけば完成です。

多肉植物を取り入れたグリーンリースもぷっくりとして可愛い

多肉植物はぷっくりツヤツヤで見ていても癒されます。多肉植物も100均で購入できるので、沢山配置してみると可愛いです。
多肉植物だけでも作れますが、細かいグリーンなどを多肉植物の周りに敷き詰めるとボリュームが出て印象的なリースに仕上げる事ができます。

また、多肉植物は色々な種類の物があり、垂れるタイプや花の様に広がるものなどもあります。

垂れるタイプのグリーンネックレスなどは、リースにとって重要な役割を果たします。リースに巻き付けても良いですし、隙間に丸めてワイヤーで留めた物を付けても印象的なリースになります。

コケ玉に多肉植物を挿してリースに取り付けたりしても多肉植物の可愛らしさが前面に出たリースにすることができます。

グリーンリースを上手く作るコツは、グリーン以外入れない事です。全部グリーンで統一する事で統一感が出て大人な印象のリースにすることができます。

色合いがシックで大人なリースを手作りしたい時のグリーン選び

シックなリースを作るなら、ハーブを使ったり、ドライフラワーを使ってみると大人なリースを作ることができます。

ドライフラワーは、乾燥しているので力を入れるとグシャグシャになってしまうので扱いが難しいですが、ボンドで一つずつ留めて作っていけば作れます。また、生花の状態のままリースの土台にワイヤーで留めて、そのまま壁に掛けてドライフラワーにしてしまうことで型崩れせずにドライリースを作ることができます。

ユーカリやローズマリーなのどのバーブで作ると匂いも良い匂いがして良いです。
グリーンに木の実を付けてもアクセントになり素敵です。

花などは、少しのボリュームで作るよりも、たっぷり盛り込んで作る方がバランスも良く、華やかになりますので、シックな色を選ぶらなら多めに土台に付けると良いですよ。

リース作りに慣れたら、ナチュラルグリーンだけじゃなく、季節感を感じられるリースを手作りしてみよう

季節によってリースを作ってみても楽しいです。クリスマスの時期やお正月、春の花を使った物や、夏メインの花で作ったり、秋の木の実を多く使ったリースなども可愛らしいです。

私は、リースの土台からツルを取ってきて作り、そこに季節によって100均で買ってきた造花を付け外の玄関に飾っています。雨風や日焼けなどするので季節によって付け替えるのが丁度良いくらいなのですが、リースが飾ってあるだけで華やかになりますし、季節によって変えるので変化も来客者に楽しんで貰えます。

このように、土台は変えずに、付けるグリーンや材料を変えて季節ごとに楽しむこともできるので、飾る所を増やさなくても、付け替えてお部屋の印象を変える事もできますよ。