カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。

造花もそれ以外のグッズも必要なものはすべて100均で揃えることができます。コスパ的にもおすすめです。

今回は100均で販売されているカサブランカなどの造花を使ったアレンジ術をご紹介します。いろいろな造花を使って、自分だけのオリジナルのリースやフラワーボックスを作ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家族に合わせた玄関収納!下駄箱をDIYしてスッキリ玄関

玄関収納と聞くと靴をしまう下駄箱が一番に思いつきますが、玄関は靴だけではなく、お出かけする時に必要な...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

部屋が寒い時に出来る対策について知りたい

日々生活をしていると、部屋で困ることといえば、寒いなどの温度の問題ではないでしょうか。気温が寒い...

部屋が寒い!エアコンの暖房で部屋が温まらない原因と対処法

エアコンの暖房をつけているのになかなか部屋が温まらずに寒い。こんなお悩みを抱えている人もいるのではな...

部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収...

玄関ポーチの雰囲気を変える!タイルを自分で簡単にDIY

玄関ポーチや玄関はお家の第一印象を決める大切な部分!またお庭の雰囲気を変えると、玄関の雰囲気と合わな...

靴箱の収納はアイデア次第で家族全員分が収まる

靴箱の収納方法を間違ってしまうと、使っているうちに靴が入り切らずに玄関スペースが狭くなってしまいます...

ドアノブの交換方法で自分でできるレバーハンドル取り付け方

ドアノブの交換方法でレバーハンドルへの変更は自分でも手順とポイントを抑えればできます。握り玉タイプの...

洗面所に適した壁紙の選び方と簡単DIYのアイデア

洗面所の壁紙をDIYしたいという時には、どのような雰囲気にしたいのかまずイメージしてみましょう。...

ソファの中身は自分で交換可能!へたったウレタンの交換方法

ソファの中身のスポンジがへたってきてしまうと座り心地が急激に悪くなります。長く使用していたソファなら...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

出窓が収納棚に変身?出窓のDIYアイデアを部屋別でご紹介

デットスペースになりがちな出窓は、DIYで収納スペースに変えてはいかがでしょうか。奥行きがあ...

DIYで下駄箱を作りたい!不器用さんでもできる作り方をご紹介

玄関をきれいに保つために必要なのは下駄箱ですが、住んでいる家によっては下駄箱が小さいこともあります。...

狭い玄関のスペースを有効活用!物がピタッと収まるアイデア収納

玄関が狭いと靴などを収納する場所がなく困ってしまいます。しかし当たり前ですが狭い玄関を広くすることは...

アパートのキッチンをおしゃれに変身させるDIYアイデア集

アパートに住んでいると、壁に穴を開けたり、大掛かりなDIYをすることは難しいものです。ですが、自宅の...

スポンサーリンク

100均のカサブランカの造花を使って、手作りリースに挑戦

大きく存在感のあるカサブランカ、大きいけれど控えめな雰囲気もありリースに使っても他の造花との相性もぴったりです。

カサブランカのリースで必要な材料と作り方

リースの台使われている木の色に種類があるため、飾る場所や使う花の色も考えて購入しましょう。
造花作りたいリースをイメージしカサブランカに合う造花にしましょう。
造花用ワイヤーワイヤーの色が緑や茶色など自然の植物に近い色になっています。見えない部分に使いますが使う造花にあった色を購入すると間違えがありません。
リボン光沢のあるものや幅の広いオーガンジー素材のもの
グルーガン、スティック造花を固定する時に便利です。
  1. 作りたいリースをイメージして、造花をパーツごとに分解しましょう。パーツは小さいものもあるため箱や袋の用意をすると便利です。
  2. 作業を行う台に新聞紙を敷いてリースをおきます。造花をつける前にかけて使うための紐を先につけましょう
  3. 先に一番メインの花の場所を決めて造花用ワイヤーでくくりつけます。ぐらつきが気になる場合はグルーガンを使って接着しましょう。次に小さい造花をつけましょう。隣に並べるのではなくカサブランカの下に置き大きな花びらを目立たせるようにつけてもいいでしょう。
  4. 造花をつけ終わったら葉や実などをつけてリースに厚みを持たせます。造花の雰囲気とは違う葉や実は少ししか見えない位置でもかなりアクセントになるためつけましょう。

カサブランカなどの100均の造花を使ってフラワーボックスをDIY

家にお花がある生活は余裕を感じられたり、目に入るだけで優しい気持ちになれるような気がして取り込みたいのですがお世話するのが面倒と感じてしまうことも多いのではないでしょうか?造花で作ったフラワーボックスは枯れることなくいつまでも花を楽しむことができます。

用意するもの

  • 造花(カサブランカ、黄色いバラ、白い小花)
  • 木製ボックス
  • グルーガン、透明スティック
  • ハサミ
  • ペンチ
  • 新聞紙
  1. 作業するテーブルの上に新聞紙を敷き用意した造花を並べて茎と葉、花に分けます。手で外れるものもありますが、手ではずすことが難しいものはハサミやペンチを使いましょう。切る場所によっては花びらがバラバラになってしまうものもあるため一気に行わず1つだけはずしてみましょう。分解してしまいそうな時はグルーガンで留めましょう。
  2. 木製ボックスを用意しばらした造花を仮に入れてみます。大きなカサブランカの場所を先に決めることがポイントです。
  3. ある程度決まったらグルーガンを温めて造花を接着していきます。先にカサブランカをつけましょう。その後黄色いバラを入れて、小花、葉と段々小さなサイズの物にしましょう。
  4. すべてつけ終わったら逆さにしてはずれないかを確認しぐらつきがある場合はグルーガンで再度固定しましょう。

100均の造花を使った「ハーバリウム」の簡単な作り方

用意する物

  • 密封できる大きめの瓶
  • 造花
  • ベビーオイル用意した容器の大きさの合わせて量を考えましょう。
  • 長いピンセットまたは菜ばし
  • 除菌シート

すべて100均で用意できます。

  1. 除菌シートをピンセットでつまみ瓶の中の微細な埃等を拭きます。その後乾いたティッシュペーパーを使って側面の水滴や角に残っている水滴など綺麗に拭きましょう。
  2. そろえた造花を瓶に入れるサイズにカットしいれる前にレイアウトします。
  3. レイアウトが決まったら瓶の中に造花を入れていきます。下の方には高さや長さのないものを先に入れていくと安定し長いものを入れるときに形が決まりやすいです。ピンセットでつまみながら入れますが華奢なつくりのものをつまむときには比較的強い茎をつまんで中に入れましょう。また造花の種類によっては花びらをつかんでしまうと歪んだり、破れたりしてしまうことがあるため注意しましょう。
  4. 造花を入れ終わったらオイルを流しいれます。造花を入れた瓶を傾けながら瓶の側面に流しながら入れると気泡が立ちにくく造花の花びらや位置が変わりにくく安心です。
  5. 時間が経つごとに中に入った気泡が上に上がってきます。なかなか消えない気泡が合ったらまち針の先を使って気泡を潰しましょう。中にまち針を落とさないように注意しましょう。
  6. 気泡が抜けたら蓋をして出来上がりです。

100均の造花を使ってインテリアに変化を加えてみませんか

花びらや葉の素材を確認しましょう

100均の造花には色々な素材の造花があります。柔らかいプラスチック製で水に濡れても形状を保っていられるものや、撥水したり濡れてもすぐ乾きそうな生地の造花、毛羽立ったような温かい素材の造花等組み合わせる素材によっては安価なものに見えてしまうことがあります。素材の種類も選ぶ基準に入れて購入しましょう。

部屋のイメージに合ったものを考えましょう

素材も大事ですが、部屋に使われている木材や壁の色、またファブリックの色に合わせて用意しましょう。

あまりかけはなれた色にしてしまうと一貫性がなくなってしまってイメージが変わってしまいます。

カサブランカで変化をつけましょう

グリーンも素敵ですが白い大きめなカサブランカはいつもの部屋のイメージが変わりますが、見た目に邪魔にならず部屋の中を明るくするでしょう。

100均には、カサブランカ以外にもいろいろな造花が販売されています

大きく存在感がある

小さな花もたくさんの花の種類や色、素材などありますが大きめな花も豊富に取り揃えてあり大きめな花は数本だけでも部屋のイメージを大きく変えることができます。

家具や小物でお部屋のイメージを変える前に100均でお花をそろえて飾って見ましょう。

大きいが花びらの数は少ないため出過ぎない

部屋の中をシンプルに仕上げたい時は花びらの数が比較的少な目の大きな花を使って飾るとシンプルになります。

シンプルな造花でも花がある生活はゆとりが感じられ素敵な部屋を作ることができます。

生花だと育てにくい花もある

生花を育てたいが育てられる場所や、お手入れが難しい場合は100均の造花がおすすめです。

桜やひまわり、もみじなどは難しいですが100均には季節が近づくと販売されます。部屋の中に飾るだけで季節を感じることができます。