壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。
しかし、置くためのスペースがあまりない場所の場合には、大きなスペースを取ってしまう脚付きのタイプでは邪魔になることもあります。
そんな狭い場所にもおすすめなのが、壁面を使ったホワイトボードです。壁を使えば、場所を取らずに、手軽に使うことができます。
そこで、壁面を使ったホワイトボードのDIY方法をご紹介します。

それぞれにメリット・デメリットがあります。それらを比較して適したものを選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンガーラックを子供部屋に!簡単に手作りできるハンガーラック

ハンガーラックを子供部屋に置きませんか?ハンガーラックの特徴は簡単に洋服がかけられて、お片付けができ...

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

DIYでお家の玄関にピッタリな下駄箱を低予算で簡単に作る方法

ワンルームのアパートには玄関に下駄箱がついていない場合があります。既製の下駄箱を設置しようと思っても...

帽子の収納に困ったら!ハンガーを使った簡単おしゃれな収納方法

置いているだけでインテリアにもなる帽子たち。しかし数がたくさんあると、困ってしまうのが収納方...

リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしては...

コンセント交換を自分で行うには資格が必要!電気工事は慎重に

コンセントの交換を業者に頼むのではなく、自分で交換して少しでも費用を浮かせたい。その気持もわかります...

洗面所に適した壁紙の選び方と簡単DIYのアイデア

洗面所の壁紙をDIYしたいという時には、どのような雰囲気にしたいのかまずイメージしてみましょう。...

出窓が収納棚に変身?出窓のDIYアイデアを部屋別でご紹介

デットスペースになりがちな出窓は、DIYで収納スペースに変えてはいかがでしょうか。奥行きがあ...

窓に断熱材をDIYする!より快適に断熱効果をアップさせる方法

窓に断熱材をDIYするのは意外と簡単にできます。最近では、お店ですぐに手に入る低価格の断熱材など種類...

家族に合わせた玄関収納!下駄箱をDIYしてスッキリ玄関

玄関収納と聞くと靴をしまう下駄箱が一番に思いつきますが、玄関は靴だけではなく、お出かけする時に必要な...

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因!賃貸でもできる対処法

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化が原因になる場合もあります。特に賃貸マンションやアパートでウォ...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収...

狭くて使いづらい洗面所の収納術、 DIYの仕方について

賃貸の洗面所は、狭い、収納が少ない、使いづらいのが特徴です。賃貸洗面所あるあると言ってしまっても...

スポンサーリンク

DIYで手軽に壁をホワイトボードにするホワイトボードシート

壁に貼るタイプのホワイトボードシートには色々なタイプがあります。

のりや粘着剤を使わない吸着タイプがあり平らで滑らかな壁だけではなく、少しのおうとつのある壁にも貼ることができるものがあります。

マグネットで壁に貼り付けられるものもあります。ホワイトボードシートの裏がマグネットになっていて、接着する壁が磁石が付く素材でしたら傷つけることなく設置することが出来ます。

ウォールステッカーのように貼ってもはがすことが出来る素材のホワイトボードがあります。サイズも色々ありDIYする場所にあわせて選ぶことが出来ます。

ホワイトボードシート取り付け時の注意点

貼り付ける時には壁とホワイトボードシートの間に気泡が入らないように注意しましょう。気泡が入ってしまうとはがれやすく、使いずらいでしょう。

素材によっては使えない素材の壁や壁のおうとつが大きい場所には付きにくいです。

重さのある磁石はすぐに落ちてしまうので注意しましょう。

ホワイトボードシートをつないで使うときはずれないよう慎重に貼りましょう。

ホワイトボードの代用としても使える硬質塩ビ板の特徴

見た目や触感はアクリル板と似ていますが、強度が強い硬質塩化ビニール板でホワイトボードをつくるとカットや接着もしやすくDIYしやすいでしょう。

表面の滑らかさはホワイトボードとは違いますが、書いて消せるという部分では同じ様に使用できる素材です。使い続けていると少し黒っぽく薄汚れた感じになるときがありますが、水拭きやアルコールの入ったウエットティッシュなどで拭くと良いでしょう。

あまり強い素材のもので拭くと表面が解けてしまいつやがなくなってしまうので注意しましょう。
金額も求めやすい金額で、大きさも色々あります。厚みもカッターを使ってカットできるほどの厚みのものがあるため扱いやすいでしょう。

カットする際はアクリルカッターという切り口がきれいに切れるカッターがあるのでおすすめします。

購入の時はホームセンターなどに行くと売っています。サイズが色々あるので設置する場所のサイズをしっかり測って購入しましょう。

壁面をDIYでホワイトボードに塗装

おうとつがない平らで滑らかな場所があれば塗装することでホワイトボードにする事が出来ます。

おうとつや溝があると書いたときペンのインクがはいりこんで消えなくなってしまうため注意しましょう。
透明な塗料を使うと塗る場所の下地を生かしホワイトボードを作ることが出来ます。

塗装するための下準備が必要

壁を塗ってしまうので塗る前に壁をふいたり、床や周囲のものの養生が必要になります。

壁に直接塗るので、元に戻すことが出来ません

壁紙ごと交換という大きなリフォームが必要になります。賃貸の壁をDIYする時は賃貸業者との交渉が必要になるでしょう。

塗り終わってからも乾くまでしばらくはほこりが付かないように注意したり、空気の入れ替えが必要になるでしょう。

本格的なホワイトボードを壁にDIYするメリットとデメリット

ホワイトボードにするメリット

  • 壁に設置するときにしっかりと固定することで使うときに動いてしまって書きずらいということがない。
  • 表面が滑らかなので拭きやすい。
  • 磁石の重さや大きさを考えずに使える。
  • 消しかすを受けるための受け皿をつけることが出来る。

ホワイトボードにするデメリット

磁石がつく仕様で中に鉄板が入っているため重さがありサイズも大きいです。

設置するときにはしっかりとした壁に設置し専用金具を使うことをおすすめします。

  • 壁から少し出るため、場所を必要とします。
  • 壁の補強が必要になることがあります。
  • サイズによりますが大掛かりな作業となる場合があるため室内の養生が必要になることがある。
  • ホワイトボード本体や設置するときの施工費などでお金がかかる。

マーカーペンを置くためのスペース

ホワイトボードに使うアイテムを収納するためのマグネットつきの収納トレイが市販されています。L字になっているものでホワイトボードにつける側の背面にマグネットがついています。マーカーやイレーザーを入れることが出来る受け皿が出ていてホワイトボードに設置できるものになっています。

ホワイトボードマーカーのふたに板状のマグネットが付いていて、ペンをそのままホワイトボードにつけることが出来るタイプもあります。マグネットが弱く感じたら磁力が強いものに付け替えて使っています。

あまり多くのマグネットを使えない強度のホワイトボードの時はホワイトボードではなく近くの壁に収納場所を作りましょう。

100均で売っている、冷蔵庫につけることが出来るマグネット付きの収納ケースや石鹸受けを使うとサイズも丁度よく使えます。

いずれも磁力が弱く安定しない場合は裏の磁石を磁力の強いものに変えて使いましょう。