部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収納を増やしたいという時には、壁も収納スペースにしてしまいましょう。
そこで、壁面に作る便利な収納のアイデアをご紹介します。

工夫次第で壁も立派な収納スペースになります。見せる収納として、実用的でありながらも可愛く飾れる、そんな場所を作ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雑誌の収納に使える100均アイテムを使った収納アイデア

部屋の中にどんどんと溜まってしまう雑誌の収納にお困りの方は多いと思います。サイズも大きく、斜めに置く...

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

ドアノブの交換方法で自分でできるレバーハンドル取り付け方

ドアノブの交換方法でレバーハンドルへの変更は自分でも手順とポイントを抑えればできます。握り玉タイプの...

コンセント交換を自分で行うには資格が必要!電気工事は慎重に

コンセントの交換を業者に頼むのではなく、自分で交換して少しでも費用を浮かせたい。その気持もわかります...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかる?取り付けについて

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかるものなのでしょうか?初めてエアコンを取り付けるときには、半日...

【花束の作り方】スパイラルで作って部屋に飾りましょう

お部屋に花を飾っているだけで華やかな印象になりますが、自分の好きな花を使って花束を作ってみませんか。...

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因!賃貸でもできる対処法

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化が原因になる場合もあります。特に賃貸マンションやアパートでウォ...

黄色と水色をインテリアに!運気を上げる黄色と水色の取り入れ方

黄色と水色が好きで、運気を上げるためにインテリアに取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょう...

巾木はDIYで交換が可能!ソフト巾木と木製巾木の交換方法

お家の巾木が傷んで来たら、住宅業者に修理や交換を依頼する方もいらっしゃいますが、巾木は意外と簡単にD...

玄関ポーチの雰囲気を変える!タイルを自分で簡単にDIY

玄関ポーチや玄関はお家の第一印象を決める大切な部分!またお庭の雰囲気を変えると、玄関の雰囲気と合わな...

机を自分でDIY!カラーボックスを使ってリビングに机を作ろう

お子さんがリビングで勉強をしているというご家庭もあるのではないでしょうか。勉強に励む姿を見るのはとて...

蛇口の交換を自分でする方法!手順をわかりやすく解説

水道の蛇口が古くなり、回しにくくなったり、劣化から水漏れが起きてしまう場合もあります。そんな時には蛇...

スポンサーリンク

部屋の壁にちょっとした収納を作る壁面取り付けボックス

部屋の壁にピンで目立たず固定出来るボックス型収納

部屋にあるたくさんの物を整理するために、収納用品を上手く使うことは基本的な方法ですよね。でも、大きくて場所を取る収納用品を部屋のスペースに置いてしまうと、部屋の中の自由なスペースが狭くなってしまうというデメリットがあります。そこで、部屋の壁を使った収納は、壁という大きなスペースを利用しながら、工夫次第でたくさんの物を収納できるので、おすすめの収納方法です。

壁を使うため、部屋の床の場所を取らず、部屋を広く使えるということが大きなメリットと言えます。

とはいえ、賃貸の部屋や、新築の家に住んでいる人の中には壁になるべく傷を付けたくないと考える方もいるでしょう。

壁に収納用品を取り付けるためには、重たい物を支えるために釘などを使って大きな穴を開けなくてはいけないというイメージがあります。

そんな方におすすめなのが、ピンで取り付けられるボックス型の収納家具です。

ナチュラルな木の素材なので、同じ大きさのボックスをランダムに並べて取り付けても部屋にインテリアの一部のように溶け込みます。

ピンの先は細いですが、2本で支える形なので、ピンを刺した穴もそれほど目立たずに済むということも壁を傷付けたくないという人にとっては嬉しい点ですね。ちょっとした小物を飾ったり、文庫本を並べたり、と色々な使い方が出来るボックス型収納家具は、部屋の印象をオシャレに変えてくれる便利な収納用品です。

部屋の壁を収納として活用できる有孔ボード

有効ボードの穴を利用して壁面にスリム収納

物を壁に沿ってスリムに収納するためには、物を置くための棚を使ったり、壁面に物を吊り下げるなどの方法があります。

物をひっかけたり、ぶら下げるためには、壁に画鋲やピンを使う方法が一般的ですが、壁に穴が開いてしまうというデメリットもありますよね。

もっと効率よく壁を使って物を吊り下げるようにするためには、ホームセンターなどにも売っている「有孔ボード」がおすすめです。

有孔ボードは、始めから連続的に穴が開いた状態のベニヤ板で、ペグボードとも呼ばれます。

ホームセンターばかりではなく、100均でも手に入るため、収納用品として人気が高いアイテムです。

板を壁に固定するだけで、たくさんの穴にフックなどを使って物を収納することが可能です。

部屋の雰囲気に合わせて、有効ボードを好きな色に塗るなど自在にアレンジしやすいということも大きなメリットです。有孔ボードが得意とする収納用品は、細かいものです。キッチン周りや勉強机など、小物が溢れがちな場所に有孔ボードを取り付け、スッキリ収納してみてはいかがでしょうか。

部屋の壁に100均のすのこで便利な収納

すのこ、フック、ワイヤーカゴで便利な収納アイテムを作る

100均で手軽に買える”すのこ”も、壁に立てて使うことで、物をスッキリ収納することが出来るため、収納に活躍するアイテムです。

すのこは、板が等間隔で取り付いているため、その板の隙間を利用して物を収納することができます。

フックを使って、直接物をひっかけて使ったり、フックにワイヤーカゴなどを取り付けると、より多くの物を収納することが可能です。

壁の色に合わせて、すのこも色を塗れば壁と馴染み、オシャレな雰囲気を出しながら物を収納することが出来ます。

キッチン小物や文房具など、さほど重くない小物をすのこに収納する場合には、すのこを壁に取り付けるのに粘着性のある両面テープでも十分に固定できます。

特に100均で売っているすのこは、手頃な大きさですのこ自体が軽いことも特徴です。

すのこを使うことで、部屋のインテリアの邪魔をせず、雰囲気を持たせながら収納が出来ます。

100均のワイヤーネットで作るおしゃれなアイアンラック

ワイヤーネットには塗装のひと手間をかけてオリジナルの作品に

100均には、収納に使える便利なグッズが多いですが、中でも”ワイヤーネット”を使った収納は、シンプルでありながら、アレンジも簡単で、好きな形の収納棚を作ることが出来ます。ワイヤーネットは、白のシンプルなタイプで売られていることがほとんどです。そのまま使っても良いですが、塗装のひと手間を加えることで、100均の物とは思えないオシャレな物になります。

ワイヤーラックはスプレータイプの塗料で黒く塗ったり、あえてサビ加工塗料を使うと、クールなアイアンテイストのラックになりますよ。

お好みの大きさのワイヤーネットを2枚用意したら直角にして、端をL字金具を使って固定するだけで、しっかりと物がおける丈夫な収納ラックになります。

ワイヤーネットのつなぎ目(直角になった部分)は、ところどころを結束バンドで留めればしっかりと固定できますし、使った部品は、上から同じ塗装で塗れば、違和感もありません。

賃貸の部屋でも安心な壁面を収納にするディアウォール

壁を傷つけず、たっぷり収納が出来るディアウォール

賃貸物件に住んだことがある人にとっては、部屋を出る際には部屋を元に戻さなくてはいけないことは常識ですよね。

住んでいる間は、部屋をなるべく綺麗に使うようにしている人が多いでしょう

壁に時計を掛けるために開けた穴くらいは生活をする上では必要なことなので、許容範囲内として問題になることはありませんが、大きな家具などを壁に取り付けるのは、固定するために開けた穴も大きくなるので、なるべくなら避けたいですよね。

そのため、賃貸物件に住んでいる間は、壁を使った収納は諦めているという人もいるのではないでしょうか。

そのような方にもおすすめしたいのが、壁に穴を開けずに、壁全体を使った収納が出来る”ディアウォール”です。

床から天井まである木材を2本使い、壁にぴったり取り付け、その2枚の板にさらに物をおける棚板を取り付けることが出来るので、壁の全面を傷つけずに、物を収納出来るスペースを作ることが出来るディアウォールは、特に賃貸物件に住んでいる人に人気がある収納用品です。

2枚の長い木材が、ちょうど突っ張り棒のような役割をするため、ビスで固定する必要もなく、壁にしっかり固定することができます。

壁の広さに応じて、棚の幅を広めにとったりすることも自在にできるということも大きなメリットです。