タッパー収納のポイント。キッチンがスッキリ見える片付けのコツ

おかずの作り置きや残ったおかずを入れたりとタッパーは色々な場面で活躍しますね。
大きさも小さい物から大きめの物、丸いタイプや四角いタイプなど色々使えて便利です。
ですがタッパーがたくさんあると困るのがキッチンでの収納の仕方ではないでしょうか。
かさばってしまい棚や引き出しの中で場所をとり、ゴチャゴチャになっていませんか?

そこで今回は、かさばるタッパーのキッチン収納について紹介します。

タッパーはフタをした状態で重ねて収納していませんか?
フタを外し、立てて収納すると驚くほど収納力がアップします。

また収納する時に便利なアイテムも紹介します。

冷蔵庫や冷凍庫にタッパー入れる時の便利な使い方もご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室の扉は折れ戸?開き戸?それぞれのメリット、デメリット

お家の新築やリフォームをする場合、浴室の仕様はそれぞれのご家庭のこだわりが出るところだと思います。...

リネンがキッチンクロスに向いている理由と手作りのポイント

キッチンの必需品、キッチンクロスは使い勝手の良いものを使用したいですよね。そこで沢山の主婦の方が選ん...

トイレの便座を交換したい!自分で温水便座に交換する方法

トイレの便座を自分で温水便座に交換したいと思っている人もいるのではないでしょうか。極力費用を抑えたい...

包丁研ぎの頻度はどのくらいが理想?目安は包丁の使用頻度

包丁研ぎの頻度は、包丁を使う回数で違ってきます。当然プロと一般家庭でも研ぐ頻度が違いますし、一般...

パントリーは収納しやすい奥行きが浅い作りがおすすめ

家を新築する際、キッチンにパントリーと呼ばれる収納スペースを設ける場合は、「奥行き」に注意が必要です...

シャワーホースの交換は簡単!必要なものや手順について解説

シャワーホースも古くなってくると、水漏れが起こることもあります。その場合は交換が必要になりますが、難...

スポンサーリンク

タッパーのキッチン収納はフタをとって立てる

密封保存容器のタッパーは保存食を作ったり、ラップをかけるような食品をレンジにかける際もそのまま使え便利ですね。たくさんあって便利ですが使いやすく場所をとらない収納でさらに上手に使っていきましょう。

タッパーは本体とふたをわけて収納

同じ大きさの本体を重ねて収納するとかなり収納場所をコンパクトにできます。2~3個重ねても1つ分くらいの大きさになります。また重ねたタッパーに一回り小さなタッパーを重ねることによってさらに収納場所を有効的に使えます。

ティッシュペーパーの空き箱にタッパーを収納

見えない場所に収納する時はティッシュペーパーの空き箱の上の部分を切り、入れたタッパーを取り出すときに手を切らない様にと補強のために切り口をテープなどで一周囲みます。その中に良いサイズの重ねたタッパーや重ねたふたを入れて収納するとひとまとめになり取り出しやすいです。ティッシュペーパーの箱は定期的に入れ替えることができたりと衛生面にも良いでしょう。

取ってつきプラスチックかご

100均やホームセンターなどで手軽に手に入れられる取っ手つきのかごで奥行きもあるプラスチックタイプのものがあります。かご状になっているため通気性もあり衛生的です。色もいろいろあるため見える場所の収納にも使えます。プラスチックのため洗えるのも良い点です。

どの入れ物にも立てて収納すると下の方から掘り起こしてなどの手間も省くことができ、サイズ別の収納もできることから使いやすくなります。

キッチンの引き出しにタッパーを収納する時に便利なアイテム

タッパーの収納場所がシンク下の収納や、食器棚の引き出しの場合の収納方法を紹介します。

※収納場所の奥行き、幅、深さを測ってから収納する入れ物を買いましょう。

  • 木製のお皿立てを使う。
    お皿を立てて収納するアイテムを使って収納しましょう。キッチンのシンク下に収納する場合同じサイズのタッパーのふたを数個重ねてシンク下に設置したお皿たてに立てて収納します。本体の収納の場合は木と木の間隔が狭く入らないので間を1本抜いて本体が入るサイズにしましょう。タッパーの使用頻度を考え使いやすいサイズがわかったらその大きさに合わせ同じサイズの本体を重ねて収納すると取り出しやすくよりコンパクトに収納することができます。
  • ふたつき収納ボックス
    プラスチック製でふたつきの収納する時は随時使わないものをしたの段にいれ、重ねて上の段に使うものを収納することで収納量が倍になります。半透明のものやマットな色合いの入れ物もあり見える収納の際にも使えます。上に重ねた時はふたをしないで取り出しやすくするなど生活スタイルに合わせて使ってみましょう。

タッパーのキッチン収納は揃えると収納しやすい

タッパーの形をそろえぴったり収まる収納をする。

丸いタッパーや不規則な形のお弁当箱などを収納すると無駄なスペースができてしまい場所を取りますが、大きさや深さはバラバラでも四角いタッパーだとぴったりおさまりすっきりします。

タッパーの大きさを最小限にする。

同じ四角いタッパーでも大きさが違いうと収納する時に重ねることができず、コンパクトにはなりません。タッパーのサイズの種類も少なくしましょう。

買い換える時は

同じメーカーのものを買うと使う時にふたの違いもありませんし、収納の時も重ねられるためすっきり収納できるでしょう。

頂き物のタッパーを使う

家にそろえているタッパーのサイズとは合わないタッパーをいただいてしまった時は、我が家では個包装の飴やお菓子を入れたり、湿布や包帯などをしまう入れ物にしようしています。

使わないタッパーは思い切って捨てる。戸棚収納のポイント

あまり使わないタッパーは出し入れを気にせず収納

キッチンの吊り戸棚は、いつも使わないものを収納するには良いスペースです。随時使わないタッパーは一番上の場所へ収納し、中段、下段には取って付きや持つ場所が穴になっているプラスチックケースにタッパーを重ねて収納しましょう。大きな入れ物にまとめて入れずに小さい収納ケースに小分けに入れると高い場所からも取り出しやすいです。

  • 菓子折りの箱
    お土産などでいただいた菓子折りの箱で手頃なサイズの物を使って収納しましょう。箱のふたと本体を重ねるとさらに丈夫になります。吊り戸棚に使う時は箱の側面に穴をあけ紐をつけると取り出しやすくなるでしょう。
  • 小物収納に使う。
    捨てるのはもったいない場合は、食品の収納だけではなくヘアーアクセサリーの収納にしてみてはいかがでしょう。小さなものを収納するには良いアイテムです。そして数個に分けて使う場合も重ねられたり。重ねているものが多少崩れても中のものがバラバラにならず便利です。

冷蔵庫や冷凍庫にタッパーを入れる場合のコツ

タッパーを使うすることで冷蔵庫や冷凍庫に重ねて収納することができます。

  • 冷蔵庫に使う時は
    透明又は半透明のものを使うと中身が見えて取り出すときに便利です。また何が入っているかわかりやすくラベルを貼るとさらに便利です。タッパーが乾いている時にマスキングテープを貼ってその上から入っているものを書いたりするとはがすときに剥がしやすいです。
  • 冷凍庫に使う時は
    薄型の透明か半透明のものが良いでしょう。中身がもれないようなものだったらそのまま立てて使えます。中身が汁気のあるものはしっかり凍ってから立てると安心です。解凍後そのまま使う時はラップをかけてから冷凍庫に入れると使う時楽でしょう。