本の収納方法!大量の本をスッキリ綺麗に収納するアイデアを紹介

本が好きで、家の中に大量の本があるという人もいるのではないでしょうか。大量の本をどのように収納すれば良いのか、収納方法について知りたい人もいるでしょう。

大量の本を収納するときは、コツやポイントをおさえて収納すると良いです。これからご紹介する内容を参考に、たくさんある本を綺麗に収納してください。

大量の本も、アイデア次第で取り出しやすく・見やすく綺麗に収納することが可能です。上手な収納方法を知って、片付いたお部屋を作ってくださいね。

大好きな本に囲まれた生活を、快適で便利なものに変えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

蛇口の交換を自分でする方法!手順をわかりやすく解説

水道の蛇口が古くなり、回しにくくなったり、劣化から水漏れが起きてしまう場合もあります。そんな時には蛇...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

巾木はDIYで交換が可能!ソフト巾木と木製巾木の交換方法

お家の巾木が傷んで来たら、住宅業者に修理や交換を依頼する方もいらっしゃいますが、巾木は意外と簡単にD...

壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

ウォールフラワーを取り入れたインテリア!手作りがおすすめです

ウォールフラワーを取り入れたインテリアが今大人気ですが、ウォールフラワーは手作りできるって知っていま...

リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしては...

玄関ポーチの雰囲気を変える!タイルを自分で簡単にDIY

玄関ポーチや玄関はお家の第一印象を決める大切な部分!またお庭の雰囲気を変えると、玄関の雰囲気と合わな...

雑誌の収納に使える100均アイテムを使った収納アイデア

部屋の中にどんどんと溜まってしまう雑誌の収納にお困りの方は多いと思います。サイズも大きく、斜めに置く...

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

黄色と水色をインテリアに!運気を上げる黄色と水色の取り入れ方

黄色と水色が好きで、運気を上げるためにインテリアに取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょう...

ベランダ収納をDIY!オシャレで簡単なベランダ収納の作り方

ベランダに収納場所を求める時、ただシートにくるんで置きっぱなしにしておくこともありますが、DIYで素...

出窓が収納棚に変身?出窓のDIYアイデアを部屋別でご紹介

デットスペースになりがちな出窓は、DIYで収納スペースに変えてはいかがでしょうか。奥行きがあ...

テレビをコーナーに配置するメリット、デメリットについて

テレビをどこに配置するか、模様替えや引っ越しの際には迷ってしまうところですよね。迷ってしまう大きなポ...

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

スポンサーリンク

大量の本の収納方法・雑誌など大きな本を収納するときはファイルボックスを活用する

読書が好きなインテリジェンスな女子もいるでしょう。知的さがにじみ出て、異性からでなく、同性からも一目置かれる存在の人もいるはずです。

しかし、本が好であるが故に、どうしても部屋の中に大量の本が溢れているという人もいるでしょう。いつの間にか本で囲まれているという生活になってしまったという人もいるかもしれません。雑誌を定期購読しているうちに、山積みになっていたという人もいるでしょう。

なかなかこの本というのは、厄介な存在です。

スッキリと管理しながら、簡単に収納するには、ファイルボックスを活用することがオススメです。

本や雑誌をジャンルや種類ごとに分けて、ファイルボックスに収納しましょう。

ファイルボックスに入る分だけの本を残すことが大切

ですから、まずは適正量を決めることが重要になります。適正量がファイルボックスに入るだけという事を決めておけば、越えた時が見直しのタイミングということになるでしょう。

ファイルボックスを使えば、少ない量でも倒れてくる必要がありません。また、どうしても大切にしたいという本が出てくれば、別のところで保管すればよいのです。

このように、適正量を決めることで、増えすぎるということや、色々なところに本が置かれてしまうという状況を防ぐことが出来るのです。

文庫本の収納方法・大量の本はカラーボックスで収納を

大量にある本の収納にカラーボックスを使用するという人もいるでしょう。手軽な価格、そして手軽なサイズで、簡単に手に入れることができるカラーボックスですが、文庫本など小さいサイズの本をしまいにくいと感じている人も多いのではないでしょうか。

不織布の収納ボックスが便利

この文庫本をカラーボックスで管理する収納方法としてオススメなのが、DVDなどの整理に利用される、不織布の収納ボックスです。このような収納ボックスは100円ショップなどで購入が可能です。

そもそも、カラーボックスを縦置きにした場合、3つ程度、横に並べて使用することができるDVDなどの収納ボックス。ゲームソフトなどの整理にも最適です。

本を収納する場合はカラーボックスを横置きにして、収納ボックスの上の空いている部分を横にして、取り出しやすいように文庫本を収めてみましょう。文庫本と高さがピッタリだということに気づくでしょう。そのまま、カラーボックスの中にいれれば、上の部分に適度な空間が生まれるはずでしょう。収納ボックスの上にも、単行本などを置くことが出来るようになるでしょう。

奥行き部分が気になる時は、手前にも本を置くと、更に多くの本を収納出来るでしょう。但し奥の本は取り出しにくくなってしまうので、できるだけ日頃読まない本をしまうことをオススメします。

大量の本を見やすく収納する収納方法

漫画を読むことが趣味という人もいるでしょう。連載の人気マンガを集めているうちに、本が増えてしまったなんてことは、そう珍しいことではありません。

しかし、お気に入りの漫画を処分することも出来ず、何度も読み返したり、思い出やコレクションとしてとっておきたいという人は、多いと思います。

別途、漫画や本の為の本棚を買うというのも良いかもしれませんが、つねに見ていたい、オシャレに漫画や本を収納したいというのであれば、ぜひ、多目的棚を利用して見せる収納にチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

しかし、このような棚は、奥行きがありすぎるのがデメリットです。

そこで利用したいのがティッシュの空き箱です。スリムタイプのティッシュの空き箱に、くしゃくしゃに丸めた古新聞などをしっかりと詰めて、重さに耐えられるように強度を作りましょう。もしくは、使用前の中にしっかりとティッシュが入っているものを使用するのも良いでしょう。

ティッシュ箱が潰れなければどちらでも構いません。奥の本はティッシュケースを2段重ねた上に置きましょう。手前の本はそのまま並べるだけでかまいません。こうすることで、1段でも奥の本のタイトルが見えやすくなります。

綺麗に気持ちよく漫画や本が並んでいれば、違和感なく部屋にも馴染んでくれるでしょう。

本を収納するときのポイント

ただ単に、本を棚に収めているだけでは、知的女子とは言えません。本をスッキリ収納させるにはいくつかポイントがあります。

本が探しやすいこと、すぐに取り出せて戻せることが理想的

そのためには、本の高さや奥行きを揃えて見ましょう。また、本自体がコンパクトである場合、手前にデットスペースが出来てしまいます。デットスペースにはついホコリも溜まりやすくなり、こまめに掃除しないと、なんだかだらしない印象になりがちです。とは言え、掃除を毎日するのも面倒なことです。

本を収納する際には、奥面で揃えるのではなく、手前で並べて揃えることをオススメします。

本の背の部分を、面で揃えて並べると、前の部分に余計なスペースが生まれず、見た目がスッキリとします。大量に本があるのに、後ろの部分が余ってもったいないと思う人もいるかも知れませんが、見やすくすぐに本が探せるというのが本の収納の中では理想的な収納方法と言えます。

書店に行ってみてください。しっかりと面で揃えられているのであれば、その書店は売上が良い書店と言えるはずです。

大量の本の収納方法・整理することが収納のコツ

大量の本を収納したい、収納方法を見直すために、より多くの本を収納出来るように本棚の購入を検討する人もいるかも知れませんが、ちょっとまってください。

その本棚の本、本当に全て必要ですか。

人は、収納スペースが増えるだけで、それに合わせて物を増やそうとするクセがあります。物が増えれば、それだけあなたにとってのスペースが少なくなるのです。それは本当にあなたにとって快適な空間と言えるのでしょうか。

収納スペースを増やす前に、あなたは本を整理するべきです。全部捨てなければならないということではありません。

本当に良く見る本、何度も読み返している本、役に立つ本、あなたにとって価値のある本であれば、本棚に残してもよいかもしれません。しかし、それ以外の本はどうでしょうか。

実はなくても問題ない、二度と読み返すことのないものだったりそれほど気に入っていない本である可能性があるのです。本を1冊1冊手にとって、その本と向き合うことが必要です。ぜひ、収納を増やす前に本の整理をしてみてください。大好きな本だけに囲まれた空間こそ、あなたの理想の空間に違いないのです。