停電の原因はブレーカー?ブレーカーが落ちる原因と停電時の対策

急に家の電気が消えて停電した時、外の電気がついているのに自分の家だけ停電しているという場合は、ブレーカーが落ちたことが原因で停電している可能性があります。

停電してしまうと家の中が真っ暗な状態になるだけでなく、冷蔵庫や炊飯器の電気もつかなくなるなど、生活に支障をきたすことがあります。

ここでは、ブレーカーが落ちたことが原因で停電した時の対処法についてお伝えします。ブレーカーの種類と停電の原因を知って、上手に対処できるようにしましょう。

真っ暗な中での生活は不便なうえに危険です。早く電気を復旧させて、快適な生活ができるようにしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

靴箱の収納はアイデア次第で家族全員分が収まる

靴箱の収納方法を間違ってしまうと、使っているうちに靴が入り切らずに玄関スペースが狭くなってしまいます...

洗面所に適した壁紙の選び方と簡単DIYのアイデア

洗面所の壁紙をDIYしたいという時には、どのような雰囲気にしたいのかまずイメージしてみましょう。...

机を自分でDIY!カラーボックスを使ってリビングに机を作ろう

お子さんがリビングで勉強をしているというご家庭もあるのではないでしょうか。勉強に励む姿を見るのはとて...

テレビをコーナーに配置するメリット、デメリットについて

テレビをどこに配置するか、模様替えや引っ越しの際には迷ってしまうところですよね。迷ってしまう大きなポ...

壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。...

部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

部屋が寒い時に出来る対策について知りたい

日々生活をしていると、部屋で困ることといえば、寒いなどの温度の問題ではないでしょうか。気温が寒い...

コンセント交換を自分で行うには資格が必要!電気工事は慎重に

コンセントの交換を業者に頼むのではなく、自分で交換して少しでも費用を浮かせたい。その気持もわかります...

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

アパートのキッチンをおしゃれに変身させるDIYアイデア集

アパートに住んでいると、壁に穴を開けたり、大掛かりなDIYをすることは難しいものです。ですが、自宅の...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

DIYで下駄箱を作りたい!不器用さんでもできる作り方をご紹介

玄関をきれいに保つために必要なのは下駄箱ですが、住んでいる家によっては下駄箱が小さいこともあります。...

ソファの中身は自分で交換可能!へたったウレタンの交換方法

ソファの中身のスポンジがへたってきてしまうと座り心地が急激に悪くなります。長く使用していたソファなら...

スポンサーリンク

停電の原因はブレーカーが落ちるから?ブレーカーには種類がある

家の中でよく起こるのが、同時に電化製品を使い過ぎてブレーカーが落ちることです。

特に電子レンジとドライヤーなど、電力を多く使う物を同時に使うと契約している電気量を超えてしまい、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。

家の中に必ずある「ブレーカー」は、電気が落ちてしまったり、停電時に触る部分なので、場所は把握しているという人は多いと思いますが、ブレーカーの種類など細かい部分まではよく知らないという人がほとんどではないでしょうか。

家庭で使うブレーカーには以下の3種類があります。

  • 電気の使い過ぎでブレーカーが落ちた時に使うのが「アンペアブレーカー」です。
    アンペアブレーカーは、ブレーカーの中でもよく使う部分で、配電盤の左側の大きく目立つところにあります。
  • 配電盤の真ん中にあるのが「漏電ブレーカー」です。家の中で漏電が起こっている場合、この漏電ブレーカーが作動して漏電による事故を未然に防ぎます。
  • そして、最後に配電盤の右側にあるのが「安全ブレーカー」です。
    安全ブレーカーは家の各場所に電気が分配される仕組みになっていて、それぞれの場所で使える電気の容量が決められています。

停電の原因を知ってブレーカーが落ちないように対策を

アンペアブレーカーが頻繁に落ちて停電する場合は契約アンペアの見直しが有効

各家庭ごとに、電気会社と契約している電気の最大量は異なります。

そのため、使用する電気容量に余裕がある家庭ではブレーカーは落ちにくいですし、家族の人数が多く使用する電化製品も多いなどの場合はブレーカーは落ちやすいことも。

電化製品を使うたびにブレーカーが頻繁に落ちてしまうと、生活が不便です。

ブレーカーを落とさない対策として契約アンペア数の見直しは検討してみるべきです。

普段は問題ないけれど、一定の時間になると落ちやすいという場合は、使う時間を家族で分散させて集中して使用する時間を作らないようにするということも有効な方法です。

電気会社によっては、夜間に使う電気料金が安くなるなど、生活スタイルに合わせた電気料金プランがあるところもあります。

それぞれの家庭に合った電気料金プランを見つけてみるということも重要です。

安全ブレーカーが落ちたら、その場所の電気の使用を見直す

安全ブレーカーは家の場所ごとで決められた電気量を超えた時に落ちてしまいます。

場所が特定出来る分、その場所の電気の使用を見直せば良いので分かりやすいというメリットがあります。

安全ブレーカーが落ちる時は、その場所での電気の使用を少なめに調整したり、電力を多く使う家電(エアコンなど)を使っていないかを確認しましょう。特定の家電の使用が原因の場合は、その電気の回路を部屋の回路とは別にして分けると解決することが多いです。

漏電ブレーカーが落ちて停電した時の原因の探し方

漏電ブレーカーが落ちたら、まずは漏電している場所を特定する

ブレーカーが落ちた時に、真っ先に確認するのは「アンペアブレーカー」という人は多いのではないでしょうか。

ほとんどの場合、アンペアブレーカーが落ちていることが多いため、ブレーカーと言えばこのアンペアブレーカーだけ見るという人も多いと思います。

アンペアブレーカーや安全ブレーカーが落ちていない場合、考えられるのは残された「漏電ブレーカー」です。

漏電とは、文字通り電気が電気回路の外に漏れ出ているということです。

単に電気が規定数を超えて落ちるのとは違い、電気が漏れている状態で放置することは大規模な事故に繋がる恐れもあるので、早急な対処が必要です。

漏電ブレーカーが作動したということは、室内のどこかで漏電を検知したということです。

まずは漏電箇所を見つけ出すことが大切です。

漏電した箇所を見つけるためにアンペアブレーカーをオンにした状態にして、配電盤の右側にある安全ブレーカーをすべてオフにします。漏電ブレーカーをオンにして、安全ブレーカーのひとつひとつをオンにしていきます。漏電が起こっている箇所の安全ブレーカーはオンにしても、漏電ブレーカーが働かないため、漏電している箇所が特定できます。

漏電の原因と対処法

家の雨漏りやコンセントに付いた埃が原因になることも

電化製品は水に弱いということは、知っている人も多いでしょう。

防水タイプではないスマホをうっかり水没させて壊したという話もよく見聞きします。

この原因は、水は電気を流すためです。

電化製品の内部にある電気回路に不純物が含まれた水道水が入り込むと、その不純物から電気が流れ、回線をショートさせたり、違う回路に電気が流れて電化製品を壊してしまいます。

電化製品が水に濡れるのは、ほとんどの場合自己による不注意が原因ですが、思いがけないところから電化製品が水に濡れてしまうことがあります。

それは、「雨漏り」です。

家の雨漏りは予測不能なことが多いもの。

異常気象などで、家の外壁や屋根が損傷してしまうことは、今の時代少なくありません。
雨漏りが原因で電化製品が水に濡れてしまい、漏電してしまうというケースもあります。
また、スマホの充電をするために常に差しっぱなしにしている電源ケーブルなども、使い続けるうちに電線が損傷したり、コンセントに溜まった埃が原因でショートしてしまうこともあります。

漏電は、滅多に起こりそうもないイメージですが、実は意外と私達の生活の身近で起こりやすいことなのです。

頻繁にブレーカーが落ちる原因

電気の使い過ぎが原因でブレーカーは落ちやすい

ブレーカーが落ちると、家の電気が使えなくなってしまうので困りますよね。

特に夜だと、家中が真っ暗になるのでブレーカーの場所まで行くのに苦労することも。

また、ブレーカーを上げても、原因となる問題が解決していなければまたブレーカーが落ちてしまうので、ブレーカーが落ちた原因を知ることが先決です。

家で使う電気量は、それぞれの家と電気会社との契約でアンペア数の上限が決められています。

普段家の中で生活をしていて、頻繁にブレーカーが落ちるということは、ほとんどの場合、この契約している電気量を超える電気を使っていることが原因です。

また、電化製品によっても使う電気量に差があります。

古く劣化した電化製品や、使用上のルールに違反して使っている場合も、電気量が多くなることもあります。

電気は、私達が生活を快適に送るために無くてはならないものです。快適に電気を使うためには、それぞれの家庭にあった電気料金プランに見直してみたり、電化製品の使い方を考えることも大切です。