蛇口の交換を自分でする方法!手順をわかりやすく解説

水道の蛇口が古くなり、回しにくくなったり、劣化から水漏れが起きてしまう場合もあります。そんな時には蛇口の交換を検討する方も多いと思いますが、蛇口の交換は業者でなければできないと思う方も多いと思います。
しかし、手順通りに行えば、自分で交換することも可能です。
そこで、自分で蛇口の交換をする手順や、注意点をご紹介します。

ここでは、ワンホールタイプの蛇口の交換を解説していきます。キッチンや洗面所などにも多く使われるタイプです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フローリングの張り替え方法!畳の部屋をDIYで洋室に

畳は使っているうちに、どうしても傷んできて、張り替えを検討している方も多いと思います。古くなった...

巾木はDIYで交換が可能!ソフト巾木と木製巾木の交換方法

お家の巾木が傷んで来たら、住宅業者に修理や交換を依頼する方もいらっしゃいますが、巾木は意外と簡単にD...

雑誌の収納に使える100均アイテムを使った収納アイデア

部屋の中にどんどんと溜まってしまう雑誌の収納にお困りの方は多いと思います。サイズも大きく、斜めに置く...

ウォールフラワーを取り入れたインテリア!手作りがおすすめです

ウォールフラワーを取り入れたインテリアが今大人気ですが、ウォールフラワーは手作りできるって知っていま...

停電の原因はブレーカー?ブレーカーが落ちる原因と停電時の対策

急に家の電気が消えて停電した時、外の電気がついているのに自分の家だけ停電しているという場合は、ブレー...

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

本の収納方法!大量の本をスッキリ綺麗に収納するアイデアを紹介

本が好きで、家の中に大量の本があるという人もいるのではないでしょうか。大量の本をどのように収納すれば...

玄関ポーチの雰囲気を変える!タイルを自分で簡単にDIY

玄関ポーチや玄関はお家の第一印象を決める大切な部分!またお庭の雰囲気を変えると、玄関の雰囲気と合わな...

リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしては...

壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。...

アパートのキッチンをおしゃれに変身させるDIYアイデア集

アパートに住んでいると、壁に穴を開けたり、大掛かりなDIYをすることは難しいものです。ですが、自宅の...

部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収...

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因!賃貸でもできる対処法

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化が原因になる場合もあります。特に賃貸マンションやアパートでウォ...

出窓が収納棚に変身?出窓のDIYアイデアを部屋別でご紹介

デットスペースになりがちな出窓は、DIYで収納スペースに変えてはいかがでしょうか。奥行きがあ...

ドアノブの交換方法で自分でできるレバーハンドル取り付け方

ドアノブの交換方法でレバーハンドルへの変更は自分でも手順とポイントを抑えればできます。握り玉タイプの...

スポンサーリンク

キッチンの蛇口の交換を自分でする方法、まずは水を止めることから

キッチンの蛇口を交換するに当たって作業をする際に必ずしなくてはならない事は、まず水を止める事です。この水を止めるという作業は、蛇口から水が出ていないのを見るとそこまで重要な物とは思えないのですが、水を元から止めておかないと作業中に水が噴き出してそこらじゅう水浸しになってしまう可能性がありますので、とっても大切な作業なのです。

交換前にまずは止水栓で水を止める

キッチンのシンクのしたの扉を開くと、給水管が見えるのですが、止水栓は給水管に付いている事が多いですので、確認しましょう。

止水栓の形状によっては道具が必要な場合もありますが、時計回りに回すと水は止められます。

水を止めたら蛇口を開けて水が出てこない事を確認しましょう。
ここで注意しなくてはならないのは、水を止めても蛇口に水が溜まっていると水が出てきます。
今後の作業のためにも取り除ける水は取り除いていた方が進めやすいので、水抜き作業も忘れずにしましょう。

水を止めたら配管を外す

給水管と給湯管、二つある場合にはどちらも外しますが、ホースはナットでつながっていますので、事前にモンキーレンチなどを用意しておいて、工具を使って外します。

ホース内にも水やお湯が残っていて急に出てくる場合がありますので、そばにバケツなどを用意しておくと濡れずに済みます。

お使いの水栓がワンホール水栓というタイプの場合には逆止弁というものがありますので逆止弁も取っておきましょう。

古い蛇口の取り外し方

配管部分を外してから蛇口本体を外す

蛇口の根元部分を固定しているナットを外すのですが、作業するスペースが狭い場合には工具が隙間に入るかなどを確認してください。

しかし、蛇口の種類によっては、止めている部品が異なり、手で簡単に外れる物もあります。
蛇口によって外し方が違いますのでお使いの蛇口に合わせてどのような器具を使うのか、どのくらいの作業スペースが必要なのかという事を確認してみてください。

器具を使う際には部品やシンクを傷つけてしまわないように慎重に行いましょう。

固定している部品を緩めたら蛇口を抜く

蛇口はそのまま上に抜くと抜けるようになっていますが、蛇口を抜く際に気を付けなければならないのは、給水給湯のホースの素材です。

柔らかい素材であればそのまま引き抜けるのですが、金属製の場合にはそのまま引き抜くことが難しいケースがあります。
そのような時には、金属を少し手で曲げてまっすぐにしてから引き抜いてください。

自分で新しい蛇口に交換する方法

蛇口をシンクに取り付ける際には、新しい蛇口に付いている部品を使って取り付けていきます。

取付用のアダプターを取付穴に付ける

購入した蛇口の取り扱い説明書をよく読んで、アダプターの上と下を間違えないようにネジで付けます。
最近の蛇口は取付穴の上から本体を固定するものが主流になっていますので、一昔前のように下にもぐってネジを止めるという大変な作業をしなくてもいい商品が増えているようです。

アダプターに水栓を取り付けて、本体が浮かないよう、最初はネジで仮止めして調整しながら本体をネジで固定します。
水栓本体とアダプターに付いているラベルを合わせるようにしっかりと差し込みましょう。

水栓本体はレンチやドライバーなどの取り付け部品に合わせた工具でしっかりと止めてください。

カバーを回してネジを隠したら、蛇口の取り付けは完了です。

最後は蛇口のチェック

蛇口交換の最終段階は、新しい蛇口のホースを給水管と給湯管に取り付ける作業

元の給水管に古いパッキンが残っていないか確認してください。
せっかくですからパッキンも新しい物に取り替えましょう、漏水の心配が減ります。
それから水とお湯ではホースが違いますので取付の際は確認しながら付けましょう。

給水ホースを逆止弁に差し込む時には、ホースがまっすぐ、折れやねじれが無いかを確認しながら差し込み、カチッと音がするまで入れます。
ホースの長さが足り無い時にはアダプターを付ける事でホースの長さを延長できますので安心してください。

取り付けが終わったら止水栓を開き、蛇口から水が出てくることを確認しましょう

その時にはホースや蛇口の根元からの漏水が無いことも一緒に確認してください。

水が漏れずにきちんと出ている事が確認出来たら少し時間を置いて水を出してみて、漏水がなければ完了です。

蛇口交換を自分で行うことのメリット

素人が自宅のキッチンの蛇口を交換するという事は長い人生で何回もある事ではないのですが、そこまで難しい作業でもないように感じます。
しかし、専門の業者もいるという事はそれなりの技術が必要な事も確かではないでしょうか。

自分で交換するメリットは、思い立ったらすぐに交換することができるという事

今は大型のホームセンターでもキッチン用の蛇口が売られていますので、自宅の近くにそのようなお店があればすぐに蛇口が手に入ります。

交換の費用を安く抑えられるという事

専門の業者に頼むと技術料などの人件費がかかってしまいますが、自分で交換すれば蛇口の部品代だけで済みますので、コストを相当安く抑える事ができます。
しかし、自己責任ですので、失敗してしまう事や交換以外にもしなくてはならないことがあった場合などに適切に対処できるかという事に疑問も残ります。
部品の調達や道具選びなども知識が無いと難しいものです。

専門業者に頼むことのメリット

専門の人が施工する事で安心して任せられることと、失敗するリスクはかなり低くすることができるという事です。
しかし、やはり工事費用が高くついてしまう事と、打ち合わせなどに時間がかかってしまう事がデメリットでしょうか。

専門業者に頼むことで安心は得られますが、それでも自分で変えたいという場合には、しっかりと交換手順を事前に確認するという事と、もしもの場合に備えて頼ることができそうな業者の目星をつけてから行うようにしましょう。