ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因!賃貸でもできる対処法

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化が原因になる場合もあります。特に賃貸マンションやアパートでウォシュレットの水漏れが起きてしまうと、対応に焦ってしまう人が多いのではないでしょうか。まずやるべきことは早急に水漏れを止めるための処置をすることです。

そこで、パッキンが原因でウォシュレットの水漏れが発生している場合について、パッキンが原因の場合の対処法や水漏れが起こったときにはじめにやるべき応急処置、賃貸でトイレのウォシュレットが水漏れした場合の対応などお伝えしていきましょう。

これで、水漏れが発生して何をまずやるべきか賃貸の場合の対処法もわかるのでスムーズに対応できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

壁収納ベッドはおすすめ!スペースができて見た目もスッキリ

壁にすっぽり収納できるベッドがあるのご存知でしょうか。普段は壁と一体化し、必要な時にサッと引き出...

雑誌の収納に使える100均アイテムを使った収納アイデア

部屋の中にどんどんと溜まってしまう雑誌の収納にお困りの方は多いと思います。サイズも大きく、斜めに置く...

部屋が寒い!エアコンの暖房で部屋が温まらない原因と対処法

エアコンの暖房をつけているのになかなか部屋が温まらずに寒い。こんなお悩みを抱えている人もいるのではな...

フローリングの張り替え方法!畳の部屋をDIYで洋室に

畳は使っているうちに、どうしても傷んできて、張り替えを検討している方も多いと思います。古くなった...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

玄関ポーチの雰囲気を変える!タイルを自分で簡単にDIY

玄関ポーチや玄関はお家の第一印象を決める大切な部分!またお庭の雰囲気を変えると、玄関の雰囲気と合わな...

ハンガーラックを子供部屋に!簡単に手作りできるハンガーラック

ハンガーラックを子供部屋に置きませんか?ハンガーラックの特徴は簡単に洋服がかけられて、お片付けができ...

窓に断熱材をDIYする!より快適に断熱効果をアップさせる方法

窓に断熱材をDIYするのは意外と簡単にできます。最近では、お店ですぐに手に入る低価格の断熱材など種類...

白の壁紙でおしゃれな空間に!失敗しない壁紙の選び方

家を新築する時に、壁紙を選ぶのは楽しくもあり、悩むことのひとつではないでしょうか。家全体を明るくする...

蛇口の交換を自分でする方法!手順をわかりやすく解説

水道の蛇口が古くなり、回しにくくなったり、劣化から水漏れが起きてしまう場合もあります。そんな時には蛇...

壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。...

テレビをコーナーに配置するメリット、デメリットについて

テレビをどこに配置するか、模様替えや引っ越しの際には迷ってしまうところですよね。迷ってしまう大きなポ...

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

本の収納方法!大量の本をスッキリ綺麗に収納するアイデアを紹介

本が好きで、家の中に大量の本があるという人もいるのではないでしょうか。大量の本をどのように収納すれば...

スポンサーリンク

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化でも起きる

ウォシュレットの水漏れの原因は、設置し使用してから年数が経っていたり、接続部の部品の劣化などによります。

水漏れの原因がおこりやすい部品

ウォシュレットと給水ホースのつなぎ目のボルトが緩んでしまい水漏れが起こることもあります。ボルトをしっかりと締めることで水漏れは直せます。

ホースなどの接続部分には中にゴム製のパッキンが入っています。長く使用していることによりそのパッキンの部分が水を止める役目をなさず水漏れを起こすことがあります。ボルトをしめてもまだ水漏れがある場合はパッキンの交換をしてみましょう。

水が出てくる場合など考えて大き目のバケツや雑巾なども用意し、止水栓をとめ電源を切ってから作業にとりかかかりましょう。

ウォシュレットの水漏れが考えられる場所をチェック

温水洗浄便座のノズル

洗浄のときに使うノズル部分の水漏れです。ノズルが割れてしまったり、ヒビが入ってしまうと水漏れを起こすことがあります。あまり力を加えず掃除を行いましょう。

温水タンク

温水タンクとは温かい水をためウォシュレットを使うタンクです。その部分の水漏れを防ぐパッキンの劣化も考えられますが、機械修理の際はウォシュレット内部部品が必要になるため自分で修理はせず専門の業者のよる修理をすすめます。

タンク内には流すための水を貯水する部分もありますが、流すためのタンクよりも温水タンクからの水漏れが多くあります。

ウォシュレットの外部から

便座の中ではなく横からの水漏れには水を送るホースや配管などのつなぎ目の部分が緩んでいる場合があり横からの水漏れが起こりやすいです。ペンチなどで周囲のホースや配管のつなぎ目部分を確認し部品が緩んでいたら閉めなおしてみましょう。あまり強く締めすぎると、パイプ等に影響するため少しずつ進めていきましょう。

給水ホース、配管、パイプから

配水をしている部分からの水漏れはつなぎ目のボルトが緩んでいると考えられます。配管またはホースをつないでいるボルトの中にはゴム製のパッキンがあります。ゴム製のものが数年水に浸かっていると劣化していてパッキンとしての役目を果たしていないと考えられます。

一度はずしてみて中のパッキンを確認してみましょう。その場合は電源をぬき、水を止めて作業をはじめしょう。

パッキンが原因でもウォシュレットが水漏れしたらまずやるべきこと

ウォシュレットの水漏れ応急処置は止水栓を閉める

水漏れが少しだとしても、様子を見ようとそのままにしていたら、水浸しになってしまうこともあります。

そんな時はトイレの止水栓で元から止めてしまいましょう。

止水栓はトイレの下の横側の床にありハンドルタイプまたは丸くフラットなタイプのものがあります。寒い地方ではトイレ内の水の凍結防止のために水を止めるときに使います。

止水することで水が出てくることは回避できますが、一時的な応急処置なので専門業者に修理を依頼しましょう。

また止水栓の水漏れもありその場合は長く使っていてゴムのパッキンの劣化による水漏れが多いため、10年くらいをめどに注意して確認してみましょう。

賃貸でトイレのウォシュレットが水漏れした場合

まずはトイレの横の床にある止水栓を止め、電源コードを抜いて事故を防ぎ修理を依頼しましょう。

部屋をかりた時点でウォシュレットが付いていた時は、自分で修理をはじめず管理人の方や物件所有者、不動産業者に連絡をして状況を説明しましょう。管理者の方が提携している修理業者に修理を依頼することがあります。自分で直してしまってこじらせてしまう前に連絡してみましょう。

自分の過失でウォシュレットが水漏れした際は自己負担になる可能性は高い

ですがその場合も物件の所有者や管理をしている方が直したり、いつも修理を依頼する場所が決まっている場合もあるので相談も兼ねて一報入れてから修理を進めていきましょう。

水漏れが発生したが深夜や日曜、祝日などで管理している人に連絡がつかない場合は、修理業者に自分で手配が必要になります。入居時に修理業者等の案内がある場合はその規約に従いましょう。自分で手配し修理費用が発生した場合は修理後かかった金額がわかるよう領収書や詳細がわかるものを持参し管理会社に相談に行きましょう。

ウォシュレットの水漏れには慎重に対処しましょう

ウォシュレットの水漏れの場所の箇所によっては自分で修理できることもありますが、細かいパーツや精密な機械で作られているものもあり、知識がないまま自分で修理すると簡単には直せない状態になってしまうことがあります。

また電気を使っているため電源コードに水がかかってしまっては火災事故などの事故につながってしまう可能性もありますので、つなぎ目が緩んでいてボルトを締めれば修復できそうな場合のみ自分で修理してみて、そのほかの故障が考えられる場合は、専門の業者にお任せすることをおすすめします。