白の壁紙でおしゃれな空間に!失敗しない壁紙の選び方

家を新築する時に、壁紙を選ぶのは楽しくもあり、悩むことのひとつではないでしょうか。家全体を明るくするために、白を基調に色選びをする方も多いと思います。
そこで、白の壁紙の種類や、おしゃれに見せるための質感の違いなど、壁紙の選び方をご紹介します。

小さな壁紙の見本と、実際に壁に貼られた印象は違って感じることもあります。失敗しない壁紙の選び方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソファの中身は自分で交換可能!へたったウレタンの交換方法

ソファの中身のスポンジがへたってきてしまうと座り心地が急激に悪くなります。長く使用していたソファなら...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

テレビをコーナーに配置するメリット、デメリットについて

テレビをどこに配置するか、模様替えや引っ越しの際には迷ってしまうところですよね。迷ってしまう大きなポ...

狭い玄関のスペースを有効活用!物がピタッと収まるアイデア収納

玄関が狭いと靴などを収納する場所がなく困ってしまいます。しかし当たり前ですが狭い玄関を広くすることは...

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

部屋が寒い!エアコンの暖房で部屋が温まらない原因と対処法

エアコンの暖房をつけているのになかなか部屋が温まらずに寒い。こんなお悩みを抱えている人もいるのではな...

壁面に便利な収納を!マンションでもできる収納の作り方

物が増えるととりあえずと棚を買い足したり、物を入れるものを増やしてしまいがちですが、様々な大きさや形...

巾木はDIYで交換が可能!ソフト巾木と木製巾木の交換方法

お家の巾木が傷んで来たら、住宅業者に修理や交換を依頼する方もいらっしゃいますが、巾木は意外と簡単にD...

窓に断熱材をDIYする!より快適に断熱効果をアップさせる方法

窓に断熱材をDIYするのは意外と簡単にできます。最近では、お店ですぐに手に入る低価格の断熱材など種類...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

リース初心者ならグリーンベースの手作りリースがおすすめ

リースを手作りしたいけど、どんなリースにしようか悩んでいるなら、グリーンをベースにしたリースにしては...

黄色と水色をインテリアに!運気を上げる黄色と水色の取り入れ方

黄色と水色が好きで、運気を上げるためにインテリアに取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょう...

家族に合わせた玄関収納!下駄箱をDIYしてスッキリ玄関

玄関収納と聞くと靴をしまう下駄箱が一番に思いつきますが、玄関は靴だけではなく、お出かけする時に必要な...

階段の手すりの取り付け方!自分で取り付ける方法

階段に手すりのない住宅も多いと思いますが、これから高齢になることを考えると、やはり手すりのある階段が...

スポンサーリンク

おしゃれで洗練されたイメージのある白の壁紙の2つのタイプ

白い壁紙には”織物調”と”石目調”がある

室内の印象を決めるのは、大きな面積を占める壁紙も大きな要素です。壁紙にも、様々な模様や色、機能もあり、どんな壁紙を使うかで迷ってしまうという人も少なくないでしょう。家を新築する時やリフォームする時には、壁紙を選びますが、その莫大な量の壁紙の中から好みの壁紙を探すのは大変な作業でもありますが、同時に楽しい作業でもありますよね。私も家を新築した時に、壁紙を選ぶのに1ヶ月くらい悩みました。

壁紙は、部屋の四方の壁に貼るため、視界に入る面積も多いことから、部屋が広く見える「白」をベースカラーとして選ぶ方が多いのではないでしょうか。

一般的な白い壁紙でも、模様や風合い、色味の違いがあるので、白と言っても選ぶ物によって雰囲気が変わります。

白い無地の壁紙にはたくさんの種類があるように思いますが、基本となる壁紙はおもに2種類で、それが”織物調”と”石目調”です。

織物調は、文字通り織物のような布地模様が特徴で、石目調は塗り壁のような模様が特徴です。

  • 織物調は縦横均等な模様なので、壁紙同士の継ぎ目がわかりにくく、見た目もシンプルなのでどんな部屋にも合いやすいというメリットがあり、白の壁紙の中でも、もっともスタンダードな壁紙で、クロスの中でも王道と言ってもよい物です。
  • 石目調の壁紙は、壁をコテで塗ったような模様なので、模様が立体的になり、存在感が出ます。
    デメリットは、織物調の壁紙と比べると浮きが出やすいかったり、継ぎ目がわかりやすいということ。

それぞれの個性を理解して壁紙を選び、理想とする部屋を目指しましょう。

機能付きの壁紙を上手に活用

消臭効果や汚れ防止効果を持った壁紙を使うメリット

壁紙を選ぶ時は、部屋のインテリアにも合わせて色や模様を中心に選ぶことが多いと思います。

最近の壁紙には、色や模様の他にも特殊な機能を持ち合わせた壁紙という物も多数出ています。

壁紙の表面に特殊なフィルムを付けることによって、消臭機能や汚れや傷防止の機能が付いていたり、室内の湿度を調整する吸湿効果を持った壁紙などもあります。

特に小さいお子さんがいる家庭では、壁紙に絵を描いてしまったり、引っ掻いて傷を付けることもありますが、汚れや傷防止の壁紙にすることで、壁紙に付いた汚れが綺麗に取れたり、壁紙の強度が強いため傷が付きにくいといった嬉しい効果が期待できます。

家に喫煙者がいる場合は、消臭効果や汚れ防止効果を持った壁紙を使うことで、ヤニの臭いや汚れが付かないようにすることも出来ます。

また、日当たりが悪く湿気が溜まりがちな部屋の壁紙を吸湿効果の壁紙にすることで、カビの発生を防止することもできます。

それぞれの家の生活スタイルに合わせて、このような機能付きの壁紙を取り入れてみることで、生活がより快適になります。

白の壁紙をおしゃれに見せる質感の違い

白の壁紙は、どれを選んでもそんなに印象は変わらないんじゃないかと思う人もいるかもしれません。でも、ベースとなる白の壁紙は、部屋に入った時に真っ先に視界に入ってくる空間を多く占める物なので、白の壁紙から受ける印象により部屋の印象も変わります。

特に天井のクロスと壁紙は、部屋の印象を決定付ける重要な役割があります。

同じ白色でも、質感の違いによって室内の印象が変わるので、インテリアに合わせて壁紙を選ぶということがポイントです。

石目調の壁紙は、模様の凹凸があるので光の加減によっては模様に影が出来、立体的に見える壁紙もあります。

木目調の白い壁紙などを使うことで、北欧の家のような温かみのある室内にすることも出来ます。

白の壁紙をよりおしゃれに見せるコーディネート

床から天井にかけて色を明るくすると部屋が広く見える

  • 家の中でも日当たりがよく居心地の良いリビングの壁紙は、白の壁紙を上手く使うことで、より空間を明るくしてくれます。
  • 膨張色である「白」を空間に多く使うことで、空間を広々と見せることが出来ます。
  • 室内では、床~壁~天井の順に上にいくほど明るい色にすることで、より空間を広く見せることができます。
そのため、壁紙を選ぶ時には、同時に天井に使う壁紙の色も考慮しなければいけません。
明るい印象の室内にしたい場合は、天井に壁紙と同じ色や、明るい色を使い、落ち着いた印象にしたい場合は、壁紙よりやや暗めの色を選びましょう。

空間を作るのは、壁紙だけではなく、室内にある窓や扉、床の色も重要な要素です。

それぞれの色味とバランスが取れた壁紙を吟味して、素敵な室内にしたいですね。

壁紙の失敗の少ない選び方

サンプルと実際に貼る壁紙の色は少し違うことも

家を新築する場合は、モデルルームで確認したり、分厚い壁紙のカタログの中から各部屋の壁紙を選ぶことが一般的ですよね。

ハッキリとした家のイメージが決まっていれば、迷うことなく壁紙を選ぶことが出来ますが、これから完成する家のイメージがまだはっきりしていないという場合は、膨大な壁紙のサンプルを前に、どれにしたら良いのか分からなくなるという人も少なくないでしょう。

理想通りの家を作るために、壁紙を選ぶ作業は楽しいですが、量が多いと迷いが生じてしまいます。

実際の壁紙と、壁紙のサンプルでは、壁に貼った時の方が色味がやや明るく見えます。

例えば、サンプルで落ち着いたベージュやアイボリーの壁紙を選んでも、実際に室内に壁紙を貼った時には、室内には光が差し込むため、明るい白に見えることがあるのです。壁紙選びで失敗しないためには、この点を考慮して壁紙の色を選ぶ必要があります。