壁収納ベッドはおすすめ!スペースができて見た目もスッキリ

壁にすっぽり収納できるベッドがあるのご存知でしょうか。
普段は壁と一体化し、必要な時にサッと引き出せばベットに変身!
テーブルやデスク付きの壁収納ベットもあるので、子供の勉強机にもなり一石二鳥。
見た目にもスキッリしているので、急な来客にも困ることがありません。
オーダーであればサイズや色も選べるため、インテリアにマッチする収納ベットにすることも可能です。
これから新築するなら、壁に収納できるベットにしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

ハンガーラックを子供部屋に!簡単に手作りできるハンガーラック

ハンガーラックを子供部屋に置きませんか?ハンガーラックの特徴は簡単に洋服がかけられて、お片付けができ...

階段の手すりの取り付け方!自分で取り付ける方法

階段に手すりのない住宅も多いと思いますが、これから高齢になることを考えると、やはり手すりのある階段が...

壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。...

机を自分でDIY!カラーボックスを使ってリビングに机を作ろう

お子さんがリビングで勉強をしているというご家庭もあるのではないでしょうか。勉強に励む姿を見るのはとて...

本の収納方法!大量の本をスッキリ綺麗に収納するアイデアを紹介

本が好きで、家の中に大量の本があるという人もいるのではないでしょうか。大量の本をどのように収納すれば...

ドアノブの交換方法で自分でできるレバーハンドル取り付け方

ドアノブの交換方法でレバーハンドルへの変更は自分でも手順とポイントを抑えればできます。握り玉タイプの...

停電の原因はブレーカー?ブレーカーが落ちる原因と停電時の対策

急に家の電気が消えて停電した時、外の電気がついているのに自分の家だけ停電しているという場合は、ブレー...

白の壁紙でおしゃれな空間に!失敗しない壁紙の選び方

家を新築する時に、壁紙を選ぶのは楽しくもあり、悩むことのひとつではないでしょうか。家全体を明るくする...

壁が傷みにくい飾り付けの貼り方!落ちやすい風船の固定方法

お子様の誕生日やクリスマスなど、壁にいろいろと飾り付けをすることもあると思います。しかし、賃貸の場合...

造花をアレンジして壁掛けを作ろう!おすすめ100均グッズ

部屋のインテリアを変えたい時におすすめな「壁掛け」。でも、どんなものがいいか迷っている人におすすめな...

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかる?取り付けについて

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかるものなのでしょうか?初めてエアコンを取り付けるときには、半日...

カラス対策!ゴミを荒らされないネットを100均で作る方法

ゴミを各家庭ごとに出す自治体が増えていますよね。そこで問題なのがカラスにゴミを荒らされることです。...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

ウォールフラワーを取り入れたインテリア!手作りがおすすめです

ウォールフラワーを取り入れたインテリアが今大人気ですが、ウォールフラワーは手作りできるって知っていま...

スポンサーリンク

壁に収納できるベッドの一番のメリットは、スペースを有効活用できること

狭い部屋のスペースをできるだけ有効に使いたいと考えている人は少くないと思います。
そんな考えから、折りたたみベッドの購入を検討する人もいるでしょう。しかし、折りたたみベッドはキャスターを使用している為、動かす際には、床がフローリングであれば、傷がつくことも考えられます。折りたたんでどこかに収納するのであれば、問題はないかも知れませんが、立たせた状態のままでは、なんとなく生活感が打ち消せないということもあるでしょう。寝心地もそれほど期待はできません。

スペースを有効に利用するために、ベッド下を有効に使うことができる、ロフトベッドを検討する人もいると思います。ベッドの高さを上げることで、部屋が狭くても下のスペースを有効に利用することができます。しかし、上り下りが大変だったり、高さがあるので夏に暑くなるという欠点もあります。天井からの圧迫感が気になるという人もいるでしょう。

おすすめなのは壁に収納できる、壁収納ベッド!

日本の住宅は、狭小であることが多い為、ベッドに頭を悩ませる人も少くありません。ベッドや寝具さえなければ、それだけスペースを有効に活用できます。

また、寝具の上げ下げが大変だったり、部屋が狭いせいで机を上手く配置できないという人も多いでしょう。そんなときこそ、壁収納ベッドが非常に便利と言えるでしょう。

壁収納のベッドにすることで、急な来客にも直ぐに対応できる

壁収納ベッドは、基本はオーダー家具になります。

ベッドの使用後は、持ち上げて壁に戻すだけで、壁と一体化する為、ベッドだとは分かりません。急な来客時にも、壁にベッドを戻すことができれば、すぐに対応することができます。

折りたたみベッドほど、収納の際にもそれほど労力を必要としません。女性や、多少大きいお子様であれであれば、ベッドを簡単に持ち上げて壁に戻すことが出来きるので、オシャレに生活感を隠すことが可能です。

そこにベッドがあったことなど、来客に気づかれることなど一切ありません。

壁にベッドを収納するとデスクになるタイプもおすすめ!

壁にベッドを収納すると、その壁からデスクが登場するという、デスク付きも壁収納ベッドもお勧めです。

オーダー家具になるので、デスクの大きさは様々でしょう。

家具として、このような壁になるベッドも存在します。一見、ワイドデスクにも見える事家具ですが、パソコンやコップ、筆記用具なども片付ける事なく、引き出すだけで、ベッドに早変わり。ベッドは一般的なシングルサイズでゆったりと眠ることができます。

デスクはベッドの長さと同じ横幅になるので、広々と使えるのが特徴です。キーボードなども置けてしまいます。コンパクトなお部屋でも、しっくりと馴染むことができ、デスクとベッドを仕切ることなく、オシャレにインテリアを楽しむことが出来るおも、壁収納ベッドの魅力でしょう。

やはり最大のメリットは、部屋を広く使えるということに他なりません。

壁収納ベッドはオーダーできるので、好きな大きさや色にできるのも魅力のひとつ

壁収納ベッドは、一般的にはオーダー家具のため、好きな大きさや色など、自由がきくのも魅力の一つと言えるでしょう。

お気に入りのマットレスがあれば、それに合わせて壁収納ベッドをオーダーすることも勿論可能です。シングルベッドを、隣同士に配置することもできます。

収納内部に、オシャレな飾り棚を設けてもよいかもしれません。

また、ベッドの底部分、壁になる部分を黒板にして、お子様の楽しむ場所として利用するのもよいでしょう。黒板の壁が出現するだけで、カフェ風のインテリアを作りだすことも可能です。オシャレっで遊び心のある部屋になるはずです。

だれも、その裏にベッドが隠れていることなど気づく由もありません。

壁収納ベッドの問題点は布団とベットを下ろす時のスペース

このように、スペースを有効に利用することができ、オシャレにベッドを隠すことができる便利な「壁収納ベッド」ですが、実はメリットばかりではありません。勿論デメリットや問題点もあります。

壁収納ベッドのデメリット

布団ごとすべて収納できる壁収納ベッドであれば、特に問題はありませんが、壁に収納する時に布団が傾いて滑り落ちてきてしまうので、押入れに布団をいちいち収納しなければならないという不便さがあります。

また、その空いたスペースを日中有効に利用していたとしても、寝る際にはベッドを設置することになるので、そのスペースにあるものは、全て別の場所に移動させる必要があります。例えば、そこに椅子やテーブルを置いていた場合、寝るためには、別の場所にそれらを移動しなければなりません。大きな家具など置くのは不可能と考えるべきでしょう。有効に利用するためのスペースが、ベッドを下ろす時のスペースを考えて、結局、何もも置けずに有効利用できないという結果に終わってしまうことも考えられます。

実際、ロフトベッドの方が、よっぽど使い勝手が良いと考える人もいます。

しかし、どちらが良いか、考えるのはあなた次第です。

ベッドを置こうと考えている部屋が狭かったり、ベッドを置くスペースなどない、オーダーするので普段は机としてまたは黒板として壁を有効に利用したい、床を有効に利用したいと考える人もいるでしょう。

シングルベッド以上の大きいベッドで寝たい、高いベッドから落ちることや、上り下りがリスクがあるのでロフトベッドは使用したくないというのであれば、この壁収納ベッドを検討しても良いかも知れません。

オーダーできるので、自分の思い通りにカスタマイズできます。また、この革命的な壁収納ベッドが、部屋のインテリアを損ねることなく、生活感を隠すことができる便利な寝具であることは事実と言えます。