壁が傷みにくい飾り付けの貼り方!落ちやすい風船の固定方法

お子様の誕生日やクリスマスなど、壁にいろいろと飾り付けをすることもあると思います。しかし、賃貸の場合には、壁に飾りを付ける時にもなるべく壁にダメージが少ない方法で貼るのがおすすめです。
そこで、壁が傷みにくい飾り付けの貼り方をご紹介します。

飾り付けの定番、風船も壁に固定するのが意外に難しいものです。そんな風船の上手な固定方法についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

壁面をホワイトボードとして使えるDIY方法!狭い場所でも可能

ホワイトボードと言うと、脚付きで学校や会議室にあるような大きなものをイメージする方が多いと思います。...

カサブランカなどの造花は100均がおすすめ!アレンジ術を解説

一輪だけでも豪華に見えるカサブランカ。その造花を使ってインテリアをアレンジしてみませんか。造...

玄関ポーチの雰囲気を変える!タイルを自分で簡単にDIY

玄関ポーチや玄関はお家の第一印象を決める大切な部分!またお庭の雰囲気を変えると、玄関の雰囲気と合わな...

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因!賃貸でもできる対処法

ウォシュレットの水漏れはパッキンの劣化が原因になる場合もあります。特に賃貸マンションやアパートでウォ...

ハンガーラックを子供部屋に!簡単に手作りできるハンガーラック

ハンガーラックを子供部屋に置きませんか?ハンガーラックの特徴は簡単に洋服がかけられて、お片付けができ...

薔薇の花束の保存方法・綺麗な状態で長く保存する方法

薔薇の花束をもらったとき、できるだけ長くその花を保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか...

コンセント交換を自分で行うには資格が必要!電気工事は慎重に

コンセントの交換を業者に頼むのではなく、自分で交換して少しでも費用を浮かせたい。その気持もわかります...

部屋の収納力をアップ!壁面を収納スペースとして使うアイデア

お部屋の収納に限界があり、もう収納スペースを作るのが難しいと感じている方はいませんか?それでもまだ収...

本の収納方法!大量の本をスッキリ綺麗に収納するアイデアを紹介

本が好きで、家の中に大量の本があるという人もいるのではないでしょうか。大量の本をどのように収納すれば...

蛇口の交換を自分でする方法!手順をわかりやすく解説

水道の蛇口が古くなり、回しにくくなったり、劣化から水漏れが起きてしまう場合もあります。そんな時には蛇...

バルーンで花を作ってみよう!簡単にできる初心者向け作り方

バルーンアートに挑戦してみたいと思ってはいても、難しそうだと感じてしまっているのではないでしょうか。...

フローリングの張り替え方法!畳の部屋をDIYで洋室に

畳は使っているうちに、どうしても傷んできて、張り替えを検討している方も多いと思います。古くなった...

トイレの手洗いから水が出ないときの原因や自分でできる対処法

トイレの手洗いの水が出ないとトイレを使った後に水を流すこともできないので困ります。水が出ないと故障を...

造花を使った簡単アレンジ術!壁掛けやヘアアクセサリーの作り方

100均の造花はいろいろな種類があり、クオリテイも高いと言われています。そこで、100均の造...

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかる?取り付けについて

エアコンの取り付け時間はどのくらいかかるものなのでしょうか?初めてエアコンを取り付けるときには、半日...

スポンサーリンク

壁に誕生日の飾り付けの貼り方、軽めのものはマスキングテープで固定

壁に飾りを貼り付ける前に、まずは壁の掃除をします。
壁にホコリがついていると、接着力が弱くなるので要注意!
飾りをつける部分だけで良いので、濡らした布で汚れを拭き取り、乾拭きして仕上げておきましょう。

画用紙やペーパーファン、オーナメントなどの軽量の飾りには、「マスキングテープ」が便利です。

壁と同じ色のマスキングテープを使うと、テープが目立つことなく、すっきりと飾ることが出来ますし、あえて柄のついたマスキングテープを使って、ワンポイントにするのも良いでしょう。

マスキングテープは、1カットで留めるだけでも十分に飾りの接着ができますが、十字に貼ってさらに強度を増すのがおすすめの貼り方です。

天井から吊り下げる飾りを貼るときには、一度天井にマスキングテープを貼ってから、その上に飾りを再度マスキングテープで固定します。

吊り下げる紐の先を輪にしておくと、テープを貼りやすいのでおすすめですよ。

マスキングテープはきれいに壁から剥がすことができるので、壁を傷めずに飾りを楽しむことができますね。
100均で安く手に入れる事ができますので、多めに購入しておくと良いでしょう。

壁に大きめな飾り付けをする場合の貼り方

少し重さのある飾り付けには両面テープ

ハニカムボールやガーランド、ジャイアントフラワーなどの重みのある飾りを壁に張る場合には、時間が経つと落下しやすくなってしまうため、「両面テープ」を使うのがおすすめです。

しかし、壁に直接両面テープを張ると、剥がす時に壁のクロスも一緒に剥がれてしまうことがあるので、直接貼るのはやめましょう。
ここでも、活躍してくれるのは「マスキングテープ」です。

壁には、マスキングテープを両面テープの幅よりも広めに貼っておきます。
飾りの裏面にもマスキングテープを貼って、その上から両面テープを貼ります。
壁側と飾り側の両面テープ同士が綺麗に重なるようにして接着させれば完成です!

壁、飾りの両方にマスキングテープを貼っているので、クロスが剥がれてしまう心配も、飾りの裏面が破損してしまう心配もいりません。
何度も繰り返し使えるのが嬉しいですよね。

壁に飾り付けが難しい風船の貼り方

やっとの思いで飾り付けても、すぐに落ちてきてしまうのが風船ですね。
立体的で存在感のある風船は、壁飾りの定番のアイテムの一つ。
上手に使いこなして、豪華な飾り付けを楽しみましょう。

風船を壁に貼る時に使える方法は2つあります。

  • まず1つ目は、先程紹介したばかりの「マスキングテープ」と「両面テープ」を使う方法です。
    マスキングテープが壁と風船の両方を保護してくれますし、粘着力も抜群なので、パーティーの途中で落ちてきてしまう心配がいりません。
  • 2つ目は「画用紙(模造紙)」と「両面テープ(ガムテープ)」を使う方法です。
    飾り付けのスペースに、あらかじめ大きな画用紙や模造紙を貼っておけば、壁の凹凸や素材による滑りをカバーしてくれるので、どんな飾りでも接着しやすくなります。
    紙を貼っておけば直接両面テープやガムテープで飾りを張ることができるので、飾り付けにかかる時間の短縮をすることも可能です。
飾りの種類や数に応じて、使いやすい方法で風船の飾り付けに挑戦してみてくださいね。

飾り付けの風船を割れにくくするコツ

風船を落ちないように飾り付けたは良いものの、剥がす時に風船が割れてしまって、恐怖を感じる人も多いでしょう。

風船側に粘着しているテープやガムテープが、剥がれようとして引っ張られることで風船は割れてしまいます。そのため、両面テープが剥がれやすい様にあらかじめ風船側にマスキングテープを貼っておくのが一番の得策です。

風船ではなく、壁側に両面テープを貼り、風船に接着する面積を狭くすることでも防げるようですが、この場合には割れる確立が高くなります。
風船を壁から剥がすときには、このようなことに気を付けながら、ゆっくり剥がしてみてください。

風船が割れる理由は、貼り方によるものだけではありません。
空気の入れすぎや、日光の当たり具合などによっても割れやすくなりますので、風船の大きさや貼る位置にも工夫をしてみるとよいでしょう。

壁の飾り付けに画鋲を使う場合の注意点

壁に飾り付けをする時に活躍するのは、やはり「画鋲」と「両面テープ」ですね。
この2つは、飾りを確実にくっつけてくれるので、信頼できるアイテムだと言えます。

  • 画鋲の中には、壁に開く穴が目立たないタイプのものがあります。
    画鋲のピンの断面がV字になっているので、ピン跡がほとんど目立ちません。
    特に、凹凸のある壁や、色のついた壁だと、どこに画鋲を指したのかがわからないほど、ピン跡が目につかないので、賃貸の壁でも安心して使うことができます。
    壁に開く穴の心配がなくなれば、壁飾りにも安心して画鋲が使えますね。
  • 両面テープの中には、貼って剥がせるタイプのものもありますよ。
    写真やポスターなどに、両面テープの端を角から数センチ出して貼り、あとは直接壁に貼るだけで完成です。剥がしたいときには、飛び出している部分を床と垂直に引き抜くだけで綺麗に剥がれるので、クロスを傷める心配がないのです。
手間をかけずに、短時間で飾り付けを終了させたい方は、このような便利なアイテムを購入してみましょう。いろいろなアイデアの中から、自分に合った方法で、自宅の壁飾りを楽しんでみてくださいね。