コロコロと掃除機、どっちを使えば良いの?

掃除道具の中で定番のものといえば、コロコロと掃除機がありますよね。
どっちを使えば良いのかは、その人の好み次第とも言えますが、その前にコロコロと掃除機の良いところと悪いところを知る必要があります。
それぞれの特徴を知ることで、使い分けが出来るようになったら、お部屋がより綺麗になりますよね。
掃除が苦手でも、こういった事を勉強することで、掃除が好きになるかも知れません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シールの剥がし方。ガラス面にこびりついたシールを取る方法

お子様のいる家庭では貼って欲しくない場所にシールを貼られてしまう場合もあります。窓のガラス面に貼って...

換気扇から異音!風が強い日の換気扇の使用方法と故障の見分け方

台風や悪天候が原因で風が強く吹いている日は、換気扇から異音が聞こえてくることがあります。あま...

シールの剥がし方!ビニール素材に貼ったシールを剥がす方法

ビニール素材のものに貼られたシールを剥がしたい時、どのようにすればシールが綺麗に剥がれるのか、剥がし...

部屋に収納スペースが少ないときの服の収納アイデア!収納のコツ

おしゃれが大好きな人の中には、自分の部屋に服を収納するスペースが少ない事に頭を悩ませている人もいるの...

隙間収納を100均商品で。隙間に合わせた収納や便利な使い方

収納が少ないとお困りではありませんか?ですがよく見ると家の中のあちこちに微妙な隙間があります。...

雑巾を作りたいけどミシンで縫えない!その原因と対処法

幼稚園や小学校に通う子どもがいると必ず必要になる雑巾。使い古しのタオルがあるからミシンで作ろうと思っ...

プラスチックの塗装には下地がポイント!キレイに仕上げるコツ

プラスチックの塗装には下地をしっかり作らなければなりません。普通の紙や木材などに塗装するのとは違って...

【雑巾の縫い方】簡単手縫いのやり方とアレンジ方法をご紹介

新学期になると、子どものために雑巾が必要になる家庭も多いでしょう。いつもは100均などで購入している...

木材塗装の道具は100均で揃えることが可能!塗料の種類や特徴

DIYが好きな方は、木材を自分で好きな色に塗装することもありますよね。しかしホームセンターなどで売っ...

窓の防寒方法・ダンボールやプチプチを使った節約防寒術

窓から入り込んでくる冷気のせいでなんだか家の中が寒いと感じることもありますよ。防寒対策を知りたいとい...

お部屋を良い香りで満たしてよりおしゃれにしたい

良いお部屋は、綺麗に整頓されて、素敵なインテリアに囲まれているものを想像しますよね。実はそれだけ...

プラスチックの塗装に100均のスプレーや水性塗料を使う方法

インテリア小物や家具を塗装して自分だけのオリジナルアイテムを作るのが楽しいDIY。塗装をする...

スポンサーリンク

コロコロと掃除機どっちが良い?まずはコロコロの良いところを知ろう

手軽なお掃除アイテムとして、今やコロコロは主婦にとっても欠かせない存在ではないでしょうか?

今では、カーペットクリーナーや粘着クリーナーを総称して、コロコロと呼ばれています。持ち手を持ってコロコロと床の上を転がすだけで、粘着テープの力でホコリや髪の毛を取り除くことができるスグレモノです。交換用のスペアシートはホームセンターやドラッグストアなどで3つほど入ったタイプが販売されており、常にストックを用意しておくという方も多いと思います。

コロコロを掃除機の代わりに使うメリットはたくさんあります。

  • 気になった時に簡単に掃除ができる
  • 音を気にせずいつでも使える
  • どこにでも収納できる
  • 各部屋に置いておくことも可能 など
一番のメリットとしては、やはりその手軽さではないでしょうか?わざわざ掃除機を出してこなくても、気になった時にササッとキレイにすることができるのは、忙しい主婦にとっても嬉しいポイントでしょう。

また、テレビを見ながらでも座ったままで掃除ができてしまう点や、音を気にせず夜遅い時間帯などにも使える点も、コロコロを使って掃除をする大きなメリットとして挙げられます。

コロコロと掃除機どっちが良い?コロコロにだって欠点はある

このように、数多くのメリットがあるコロコロですが、良い点ばかりではなくやはり欠点もあります。

コロコロのデメリット

まず一つは、使い続けることでカーペットを傷つけてしまうという点です。強力な粘着力のあるコロコロですが、ホコリや髪の毛などのゴミだけではなく、カーペットの繊維までも一緒に抜けてしまうため、どうしてもカーペットの寿命が短くなってしまうのです。
さらに、奥の方のゴミまで取ろうと、強い力をかけて念入りにコロコロをかけてしまうと、それだけカーペットの痛みが早くなる原因にもなります。

2つ目としては、コロコロはあくまでもカーペット表面のゴミしか取り除くことができないという点でしょう。コロコロを使って掃除をすると、とくに髪の毛などが目に見えてたくさん取れるので、なんとなくキレイになっているように感じるかもしれませんが、コロコロだけでは繊維の奥の方のゴミは取り除くことができませんので、それらがどんどん蓄積することになります。

コロコロは便利な道具ですが、あくまでも掃除機の補助的役割と考えた方が良さそうです。

コロコロと掃除機どっちが良い?掃除機の良いところはコレ

たしかにコロコロを使うと手軽に掃除ができますが、毎日それだけで済ますのはやはり不十分だと言えます。

毎回コロコロだけで掃除を済ますのではなく、カーペットや絨毯には定期的に掃除機をかけたほうが良いでしょう。

掃除機には、サイクロン掃除機と紙パック式掃除機の2種類があります。どちらの方が優れているかは置いておいて、まずはそれぞれの特徴と使用するうえでのメリットを見ていきましょう。

サイクロン掃除機

  • 吸引力が一定である
  • ゴミの量が外から確認できる
  • 紙パックの買い替えが不要
  • 排気のニオイが気にならない

サイクロン掃除機は遠心分離の力とフィルター通してゴミを細かくすることで、吸引力が長続きします。紙パック式掃除機のように、交換用の紙パックを用意する必要がないため、使用するためのコストがかからないことも魅力です。
また、掃除機独特の排気のニオイがしづらいのも大きな特徴です。

紙パック式掃除機

  • 吸引力が強い
  • ゴミ捨てがラク
  • サイクロン掃除機よりも比較的安い

今ではサイクロン掃除機が主流になりつつありますが、ゴミがいっぱいになったら紙パックを捨てるだけで済むため、メンテナンスのしやすさから紙パック式掃除機を選ぶ方も多いようです。
また、サイクロン掃除機と比べると比較的価格が安いこともあり、購入時の負担を考慮して紙パック式を選ぶケースもあります。

コロコロと掃除機どっちが良い?掃除機にも欠点はある

コロコロと同様に、掃除機にも良い点ばかりではなく欠点も存在します。

こちらもサイクロン掃除機と紙パック式掃除機に分けて見てみましょう。

サイクロン掃除機

  • 価格が高い
  • 掃除の手間がかかる

サイクロン掃除機を購入するにあたっては、やはりその価格の高さがネックになるようです。紙パック式のように交換用の紙パックを用意しなくてもよい代わりに、高性能の機種ともなると、簡単には買い替えられないほど高価なものもあります。
サイクロン掃除機を使ううえで一番面倒なのが、フィルターやダストカップの掃除が必要という点でしょう。フィルターにゴミが付着したままにしておくことで、吸引力の低下にもつながります。

紙パック式掃除機

  • 紙パックの交換費用がかかる
  • 音が大きい
  • ゴミが溜まると吸引力が落ちる
  • 排気臭がする
やはり、紙パック式掃除機の最大の欠点は、紙パックの交換費用がかかる点です。紙パックの品質によって性能が違ってくるため、排気臭が気になる場合には、性能の良い値段が高めのものを購入する必要があります。
吸引力が高い分だけ、運転中の音が大きいという問題もあります。

掃除は場所によって合う道具を使いましょう

カーペットや絨毯以外の場所のお掃除には、それぞれの場所に合わせた掃除道具を使用しましょう。

フロアモップ・フローリングワイパー

フローリングに溜まったホコリを取り除くには、いきなり掃除機をかけるのではなく、フロアモップやフローリングワイパーを使用するのがオススメです。掃除機の排気で溜まったホコリを舞い上げてしまわないように、まずは先にそれらを使ってホコリを取り除いてから、そのあとで掃除機を使って、先程取り切れなかった細かいチリなどを取り除くのが、正しいフローリングの掃除方法です。

メラミンスポンジ

お風呂場やシンク、トイレといった水回りのお掃除には、メラミンスポンジを使うのが効果的です。軽い汚れであれば洗剤を使わなくても、水だけで簡単に汚れを落とすことができます。

コロコロや掃除機などを上手に活用して、キレイな我が家を保ちましょう。